読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

WEBマーケティング@武藤

インターネットマーケティングを中心にお話します。

タイトルはGoogleサジェストにない言葉で!

f:id:masatakamuto:20161126051346j:plain

先日こんな記事を書きました。

理由はGoogleは文字が多いから、上位表示をしている訳ではないという点を勘違いしている方が多いので説明させていただきました。

2015年から始まったと思われるコンテンツSEOです。日本だけで盛り上がった感じがあります。

 

SEOを行っている人は、最近のSEOはわからんという方が多いのではないでしょうか。でもね、Googleの仕組み自体はそんなに変わっていないのです(笑)。

 

中身の無いサイトを作り、そこからリンクを張り被リンクを確保していた。サテライトサイト・衛生サイトを作っていたわけです。

 

Googleもリンク自体は有効とみなしていましたが、最近ではそのようなサイトは良くもなく、悪くもないというスタンスに変わりました。可もなく不可もないというイメージですね。

 

そもそも、そのようなサテライトサイト・衛生サイトは存在するだけであって意味のないサイトと判断したのではないでしょうか。アクセスはあるが、滞在時間が圧倒的に無いサイトであれば、可もなく不可もないサイトと判断されてしまうのです。

 

無駄な100本のリンクより、滞在時間がある良質なサイトからのリンクであれば評価します。だから、少ないリンク数でも上位表示されることがあるのだと私は思うのです。

 

圧倒的に必要なことはリンクなんです。質が問われる時代ではありますが、不動のポジションはリンクなのです。先ほどもいいましたが、昔のようなリンクの質を偽装することはGoogleはすぐに偽造を見破りますので、ご注意くださいね。

 

mutomasataka.com

 

 

上記の記事では、Googleの特許をもとに私なりに考えて記事にしました。今まであるような言葉の組み合わせであれば、上位表示が難しい時代です。どんなにしょぼいサイトでも、一度、上位表示されてしまうとなかなかその順位は落ちることはありません。

 

検索上位に来ると勝手にアクセスは集まりますし、滞在時間も稼げることになるのでこのような現象が現れているのではないかと推測しています。

 

そして、検索ワードも同じワードで狙う場合が多いので、なかなか圧倒的なアクセスや滞在時間を確保しない限り、上位に上がるのは難しいと考えます。それも上位表示するには1ページ目に来なければ、アクセスなどは見込むことはできません。

 

では、前回の記事を元に考えてみると一時私も使っていた。Googleサジェストを使ってどんな検索候補があるのかを見て書いていた時期もありましたが、ライバル分析をしっかりしなければ、狙うワードでは難しいことは以前から認識していました。

 

これを逆手にとって、記事を作り込むことは有効なはずではないかと思うのです。Googleサジェストの候補に上がらない文字で書き上げることが有利に働くと考えました。現在は、その実験を行っておりますので、成果が出たらお知らせしようと思います。

 

Googleサジェスト グッドキーワード

http://goodkeyword.net/

 

 

 

上位表示するなら文字に注意しよう!

Googleって日々進化しています。オフシャルサイトでは、Googleについて昨日と本日で公開します。

 

ブログの方ではちょっと視点を変えてお伝えしたいことがあります。Googleはブログやサイトで使われている言葉を学習しています。

 

そもそも、Googleはなんのためにあるのでしょう。ユーザーが探していることをいち早く探せること、つまり検索でユーザーが求めている情報を届けることからスタートしました。今では、地図情報や宇宙開発まで手を広げていますけど…

 

基本はそこからスタートしています。検索して探している情報を届けるためには、そのブログなりサイトの文字を理解しなければなりません。

 

ひと昔のGoogleの精度は高くありませんでした。ブログやサイトに同じ言葉が多くあれば、それが重要なんだと理解しました。なので、人には見えないように文字を白くして、人には見えないがGoogleには見えたという、SEOがありました。

 

もう随分前のSEOです。

 

Googleは日々進化をしており、学習しています。検索でユーザーを集めたいと思ったら、ネガティヴな文字を使うと検索結果に表示されにくいことがあります。

 

誰かに対しての文句だったり、愚痴や不満などを書き殴ってしまうと評価を下げることがあります。

 

Googleの基本は検索結果を良質にしたいので、ネガティヴな発信をしている記事は好ましくないということなのです。

 

なんとなくわかりますかね。もし、ビジネスで利用しているブログには、間違ってもネガティヴな文字を書かないようにしましょう。

 

どんな言葉がネガティヴなのかをGoogleは判断しています。

 

Googleって恐ろしいくらい勉強熱心なのですぐにバレてしまいます。

 

まぁ〜、日記でストレス発散のブログであれば問題はありませんけどね…

 

オフィシャルサイトでは、Googleの仕組みについて数回にわたって書いていきますのでよろしかったら、覗いて見てください。

 

f:id:masatakamuto:20161204055055j:image

オフィシャルサイトのサーバー引越とSSL化

f:id:masatakamuto:20161130002349j:plain

武藤正隆WEBマーケティング|SEO・SEM・SNS運用支援

f:id:masatakamuto:20161130002446p:plain

 

2年前にサイトでSSL化は必須となる時期がやってくると公開しました。それから2年たった今、やっと自分のサイトもSSLにしました。といっても現在進行中でまだまだ、細かい微調整と記事を移植中でございます(苦笑)。

 

と当時に、サーバーの移転も同時に行いました。現状のサーバーでSSL化をすると年間2万円程度となかなか気軽にできるものではなかったので、思い切って移転しました!

 

オフィシャルサイトで公言していたので、お客様にはSSL化を勧めていました。勧めるといっても、SSL化に伴う費用をいただくわけではありません。最初の段階で決定していれば問題なくSSLは可能でした。

 

ただ2年前でしたので、なかなか目に見えての効果はありませんでした。しかし最近その効果が目に見えるようになりました。お客様のサイトもじわじわと順位を上げております。

 

SSL化したサイトは軒並み上位に上がってきております。難しいキーワードでも上位に上がっております。やっとSSL化の波がやってきたのではないかと感じ、自分のサイトも重い腰をあげて、おこないました。

 

自分のサイトだと腰が重いのですが、勢いでやっつけました。まだ、完成ではありませんが、年内にはすべての移植が終わると思います。

 

サーバーもクライアントさまと同じサーバーを取得して、運営しています。速度もいい感じで、ストレスはなくなりました。WordPressも快調に動いており、結果的にとても満足しております。まだ、終わっていませんが・・・

 

Googleはパソコンより、スマホ用に検索エンジンの仕様を変更したので、AMP対応にもしました。

 

先日、Yahoo!も完全SSL化を目指して進んでいるので、ますますSSL化は加速するでしょう。もし、まだであれば準備を初めてはどうでしょう。

 

レンタルサーバーによっては、高額の場合もあります。年間2万円がベースになっているでしょうが、色々と調べていくと格安でSSL化ができるレンタルサーバーもありますので、じっくりと考えてみてはどうでしょうか。