読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

WEBマーケティング@武藤

インターネットマーケティングを中心にお話します。

Googleのマイビジネスは着実に進んでいます。

昨日、アメリカでGoogleAnalyticsとGoogleAdWordsのkeynoteがありました。ライブでみていましたが、ローカルマーケティングが一層力を入れていくようです。

 

このブログでも数回に渡ってお伝えしていますが、Googleマップのでのビジネス登録はとても重要になってくると伝えています。

 

店舗訪問を導入してから、世界規模であるが10億来店を測定したとしています。モバイルデバイス上のローカル検索は全体のモバイル検索より50%も成長しているというデータもあるようです。

 

Googleマイビジネスでは、トヨタとセブン&ホールディングスで実験を行なったそうです。手応えがあったと言われています。

 

f:id:masatakamuto:20160526132453p:plain

 

お恥ずかしい話ではありますが、はんこ屋さんのウェブサイトはFC本部からの制限があり自由に変更をすることができないので、施策ということはできていません(笑)。

 

通り一遍等の更新が主となっています。といっても、上記の数字がものがたっています。

 

Googleマイビジネスで店舗の行き方を調べた人、実際に電話をかけた人など成果を教えてくれます。

 

ローカルビジネスオーナーは、まず自身の店舗を検索してGoogleマップに掲載されているのかを確認してください。

 

その後、ビジネスオーナー登録を完了を済ませてください。なかには、営業時間や休日、ウェブサイトのURLを入れておくことです。

 

このURLがもっとも大切になります。Googleマップでは3つの地図しか表示されませんので、この3つに入ることがローカルマップでの効果は非常に高くなります。

 

GoogleマイビジネスとGoogleマップはローカルビジネスにとっては、重要で今後も開発も進んでいくでしょう。注目しておいてくださいね。

 

 

モバイル対応をさらに進めるGoogle

f:id:masatakamuto:20160524194030p:plain

Google ウェブマスター向け公式ブログ: ウェブをさらにモバイル フレンドリーにするための取り組み

2015年4月にGoogleがモバイル対応しているサイトを優遇するという発表がありました。それからすでに1年が過ぎました。ここに来てこの5月にさらにアップデートをすることが3月に発表されていました。

 

この影響は、じわじわとやって来るようで、前回よりは強めのアップデートになるということです。

 

Googleはトラップをかける時がありますが、公式ブログでの発表は信用して良いと思っています。GoogleのスタッフのTwitterやGoogle+での発言は信頼はしない方が良いですよ。

 

ウェブサイト制作を仕事を取りたいがために、盛んに言うこともあります。Googleの公式の発言があってからでも十分です。モバイルに関してもすでに数年前、2013年頃から言われていたので、やっと本格的になったかいう感じでみています。

 

このアップデートは、Googleが指導しているわけではありません。世の中がモバイルでの接続が多くなっていることをGoogleが教えてくれているのです。

 

実際にウェブサイトのアクセス動向をみていると半分以上がモバイルです。もし、パソコンが多ければそのアクセスはいつかなくなると思った方がよいでしょう。80%くらいはモバイルがあると安心かなと思います。

 

パソコンのアクセスが一気になくなると相当なダメージになるでしょう。

 

今回の記事、Googleの3月の発表では、すでにモバイル対応になっていれば問題はまったくないので、ご安心をといったところです。全ページがモバイル対応になっていれば、順位は下がることはないでしょう。

 

5月実施となっているので、すでにじわじわとプログラムが進行しているかも知れませんね。急な順位変動があるかも知れませんので順位は確認しておいてくださいね。

ネットの世界は怖い〜。Googleに行動がバレバレ

f:id:masatakamuto:20160523194605p:plain

 

アクティビティ管理をみたことがありますか? その中でも、ロケーション履歴はびっくりしますよ。

 

ログイン状態の端末を持って訪れた場所を記録した非公開の地図に記録されています。もちろん、ログインしていなければ、記録されていることはありません。

 

Googleを利用する場合に利用規約をみたことがある人は、まずいないとは思うのですが、Googleのサービスを利用した場合。Googleにそのコンテンツを利用する権利があると書かれています。

 

だからといってむやみに利用者のコンテンツを使うことはないでしょうが、ロケーションや興味のあることを分析して、広告を配信したりするのがGoogleです。その当たりをしっかりと理解して利用しましょう。

 

https://myaccount.google.com/

 

https://myaccount.google.com/privacy

 

なぜ、今回この話をしたかということなのですが、少し前にGmailのIDとPASSが流出したと報道がありました。Gmailが2,400万件が流出したようです。

 

現在、Googleも二段階認証というログイン方法を採用していますので、必ず二段階認証を使った方が安全です。どこまで流出したのかは、まったくわかりませんのでまずはパスワードは変更しておくほうが良いと思います。

 

 

この記事を書いていて、うまく使うと良いとは思います。だけど、使い方を間違うとどんなことになってしまうのか、とても怖いですね。

女性の場合は、ロケーションをOFFにしておくか、Gmailのログインしない状態で持ち歩く方が良いかも知れませんね。

 

 

とにかく、ロケーション履歴はあまり気持ちの良いものではありませんでした。デジタルツールの進化が進むとコントロールする人間がしっかりとしていなければ、なりませんね。