WEBマーケティング@武藤

インターネットマーケティングを中心にお話します。

独自ドメイン効果的なサイト構築

独自ドメインの設定で注意しなくてはならないのは、サーバーやホームページのサービスにもよります。

最近のサーバーは自動に設定してくれるのですが、wwwありとwwwなしがあります。
両方でアクセスできなければアクセスロスになり、損しちゃいます。

ホームページがあれば、確認してみてください。

http://www.abc.com/ と http://abc.com/ 同じサイトに到達するなら問題ありません。
対処方法はサーバーに入れる場合は、簡単に設定できます。


今日はドメインでサイトを運営しているという前提でお話しいたします。

まずは動画をご覧いただければと・・・

 



一般的なサイト作る場合のドメインの設定です。

http://abc.com/ をルートドメインといいます。ワードプレスで展開して行く場合は、http://abc.com/blog/ としてblogにワードプレスを入れていくのがサイトボリュームをつけやすくなります。

私がおすすめするのは、ロリポップサーバーで複数のワードプレスを入れることが可能です。

複数のワードプレスをいれて、サイトをドンドン強くする方法があります。

http://abc.com/ にもワードプレスを入れておく、http://abc.com/blog/ にもワードプレスをいれてます。一つのルートドメインでもURLが重ならなければ運用が可能です。

少し、面倒ではありますが、記事を更新するとドメインにパワーがつくようになります。

動画でも説明しましたが、YouTubeやアメブロの場合には各ユーザーがYouTubeやアメブロのために記事を更新しているともいえるのです。

どうせ記事を書くなら、独自ドメインのサイトやブログの方も更新してみてください。