WEBマーケティング@武藤

インターネットマーケティングを中心にお話します。

iMovieのクロマキー合成です。Mac用になります。

合成ができると動画の幅が大きく広がります。

クロマキー合成はテレビではよく使われる方法です。一番良く使われているのは、天気のニュースなどです。

天気図の前にキャスターさんがいて、全国の地図の前で天気を説明する手法です。

YOUは何しに日本へ! という番組でも使われています。

 


今回なぜこのクロマキー合成を紹介しているかというと冒頭にも触れましたが、動画を作る際の幅が大きく広がるのです。

iMovieでは、ピクチャーinピクチャーという方法もできます。大きな画面の中にもう一つの動画を配置する方法です。

今回作った動画編集にピクチャーinピクチャーで実際に喋っている部分だけを入れることも可能です。

何より、講演や講師の方はクロマキーを覚えるとプレゼンテーションがとても有効に使えるでしょう。

興味を引くプレゼンテーションは視聴者を魅了します。講座内容の理解度も大きくなるでしょう。

映像会社で作るこのようなクロマキー合成は品質も保証されているために高額な制作費がかかってしまいます。

iMovieのような編集ソフトとミラーレス一眼があれば、安価でクロマキー合成ができます。

そして、良くあるのが出来上がってからの変更点です。自分で制作することでいつでも簡単に変更が出来てしまいます。

コンテンツが動画の時代は確実にやって来ます。今からでも始めても決して遅くはありません。

あなたの情報を動画で発信してみてください。必ず、成果が現れます。