WEBマーケティング@武藤

インターネットマーケティングを中心にお話します。

読者に行動を! ブログを活用の7か条 その5

ブログを何のために書いていますか? 自身の自慢話を書くことではないですよね。中には書いている方もいますが (^_^;)


それは冗談として、何か目的があって書いているのだと思います。自分の技術や知識を共有して欲しいという方もいるでしょう。


多くの人は今まで全く知らない人に自分という存在を知って欲しいと思っているのではないでしょうか。どれだけ良い商品・サービスを提供していても知らなければ意味がありませんからね。ブログはファン作りが簡単に出来るツールでもあります。


ただし、記事を更新をしているだけでファンが作れるということはないでしょう。更新していればファンが勝手にできると思っている方も実は多いのです。


読者の方にどんな行動をとって欲しいのかを伝えなければなりません。あなたの思いを伝えてみて下さい。


コメントを欲しいです。読者登録して下さい。メルマガ登録して下さい。などあなたが訪問者にして欲しいことをはっきりと伝えるのです。


行動と言っても買って下さい。ではありませんよ。引いちゃいますから(笑)


あなたのファンであれば喜んでその行動をとってくれるはずです。相手が勝手になにかしてくれるということはありません。


それと、どんな方法であなたにコンタクトがとれるのかをはっきり示すことも大切です。ソーシャルメディアからなのか、それとも問合せフォームからなのか、もしくはメールなのかです。


ブログには様々なソーシャルメディアを組み込むことができます。FacebookやTwitter、Google+などまだまだあります。


読者があなたにコンタクトしたい時に各種ソーシャルメディアがあれば読者が一番よく利用しているソーシャルメディアからコンタクトをとってくると予想出来ます。


なので、読者には、あなたが一番よく利用するソーシャルメディアからお願いしますと一文入れておきましょう。よく利用していれば、アクションがあればリアルタイムで回答が出来ます。


Twitterのアカウントは持っているけど、ほとんど見ないのであればTwitterはブログから外す方が良いでしょう。


読者を迷わしてはいけません。迷ってしまった場合は探すのは面倒なので、コンタクトをとってこない場合があります。しっかりと行動を促すことです。


この行動を促すことはネットにおいてとても重要なことです。自分は登録して欲しいと思っても読者に伝わらなければ意味がないのです。どんなに良いコンテンツを更新し続けても何も変わらなければ、あなた自身のモチベーションが下がってしまうだけになります。


読者が増えたり、コメントをもらったりしていくことで更新がんばろうとなるはずです。一生懸命やっていればこそ、何かしらのアクションはとても嬉しいです。


黙って更新し続けていかないで、どんな行動をとって欲しいのかをはっきりと伝えましょう。コールトゥアクション(Call To Action)です!