WEBマーケティング@武藤

インターネットマーケティングを中心にお話します。

誰しもゴールが近づくとやる気がアップする?

ロイヤルティ・プログラムの続きです。

 

もし、あなたが10個貯まると一杯サービスのコーヒーショップのポイントカードを持っていたとします。8個貯まっているポイントカードと2個しか貯まっていないカードの場合、どちらを貯めようと思いますか?

 

言葉にも問題がありますが、普通は8個を貯めようとするはずです。今まで貯めて来たのですから当然です。2個を3個にするには、前回のスイッチング・コストを覚悟しなければならなくなります。

 

8個貯めた事実があることを注意深く考えなくてはなりません。なぜ、8個貯めたのでしょう。ロイヤルティがあったはずです。この店いいなと思ったから、リピートしたのです。

 

人は誰しもゴールが近づくとやる気がアップします。あと2個でゴールです。どうせならとも思うでしょう。

 

1度や2度のリピートではない7回リピートしているのですから、そのようなお客様には2個押して、次回、無料でコーヒーが飲めるとなれば得したと思ってもらえるでしょう。

 

優良顧客様にトコトン、依怙贔屓(えこひいき)していいのではないでしょうか? というかするべきだと思います。

 

ロイヤルティ・プログラムを進めることで多く会社や企業で利用できます。

 

今、日本の大企業でもロイヤルティ・プログラムを採用しています。マイレージやTカード、楽天ポイントや家電量販店でも多くの企業が採用しています。

 

大企業は効果がなければ即廃止します。今も続いているのですから、私のような小さいスモールビジネスも積極的に行なって行かなければならないと思います。

 

スタンプカードであれば、導入は簡単なはずです。費用がかかるシステムをいれる必要はありません。パソコン1台あればできるでしょう。名刺サイズのスタンプカードでもいいのです。

 

優良顧客様をどのような作っていくかを考えて実行する。お客様がロイヤルティの維持にもつながり、結果売上にもつながっていきます。