読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

WEBマーケティング@武藤

インターネットマーケティングを中心にお話します。

見込み客と既存客は対応が違うはずです。

f:id:masatakamuto:20151028111943j:plain

 

突然、Apple Watchです。

 

チャンスがあれば欲しいですが、普段から時計をしないので突然すると違和感があるので購入には至っていません! 

 

Apple Watchってこれだけでは、まったく役に立たない代物ですよね。最低でもiPhoneがなければ意味がないわけです。となるとこれからApple製品を購入する見込み客になるわけですよね。既存客は私のような理由で時計は・・・ となります。どれだけAppleが好きな私でも購入しない物があります(笑)。

 

みなさんは、テレビはあまり見ないですかね。私は結構見ています。どんなCMがあるのか、どんな業種が力をつけているのかなど、動向がわかったりします。旬なキーワードもわかりますよね。何か新しい商品の特集があった時にサイトを開いても、なかなかアクセスができなかったりしたことがありませんか?

 

相当数のアクセスが集中するために、サーバーがダウンする場合もあります。Googleもアクセス数をよくみていると私は、判断しています。一時的なアクセスとはいえ、内容次第では徐々に少なくなっていきますが、1週間程度はアクセスが集まってきます。

 

先日書いた記事が、Facebookで515のシェアをいただき記事が拡散して大量のアクセスがやってきました。

www.sapporo-seo.info

 

 

脱線してしまいましたので、Apple Watchの話に戻しましょう(笑)。

 

最近のAppleのCMは本当の意味はわかりませんが、私が思うのは既存客向けに特化したCMがとても多いと思います。iPhone6sでも今までiPhoneを使った人にしか、わからない使い方を示しています。まだ、Apple製品を使ったことがない人には、意味が分からないはずです。ましてApple Watchを使うには、iPhoneも買ってからとなるので、20万円超えになってしまうので躊躇してしまうでしょう。

 

 

マーケティングの勉強をしている方はよくご存知だと思いますが、見込み客と既存客では集客コストはまるで違います。見込み客は、信用や信頼を築いてからになります。しかし、既存客はすでに製品を使っているので良いも悪いもわかっております。なので、イメージ広告などが強烈にユーザーに響くわけです。

 

 

たぶん、Macを近くで使っている人がいれば「Macはいいよ。iPhoneは最高だよ」と聞いたことがあるはずです。私と実際にお会いした方は一度は聞いたことがあると思います(笑)。Macはすげ~いいよ。まして、iPhone使っているのであれば、使わない理由はない! こんなこと平気で言いきります。

 

いままで私が、使っていて不満はありません。100%不満がないわけではありませんが、満足している数値が高いという理由です。

 

 

最強の集客は【紹介】だと言われていますが、まったくそうです。私はMacからインセンティブをもらっているわけではありません。単純に製品が良いからおすすめしているだけです。Macが売れようが売れなかろうが関係はありません。勝手に良い商品を使って欲しいというだけなのです。

 

既存客にもっと好きになってもらい多くの人に紹介されるように考えているような気がします。

 

見込み客と既存客は対応がまるで違うということです。