WEBマーケティング@武藤

インターネットマーケティングを中心にお話します。

セールスって聞こえが悪いですか?

f:id:masatakamuto:20151029102459j:plain

セールスというとあなたは敬遠してしまうでしょう。

でも、一流のセールスマンは売り込みはしません。そのセールスマンから買いたくなるのです。お客様から買わせて下さい。と言わせるのが一流のセールスマンです。

 

質問です。あなたは買い物が好きですか?


大抵の方は好きと答えるでしょう。でも、欲しい物には理由が必要なのです。自分の買い物をなんとか正当化し、自分自身を納得させる理由が必要です。

よく小学生が言う言葉もそうで、みんなが持っているから、◯◯くんが持っているからと… 私も自分自身にそう言い聞かせ買う理由にしています(笑)。

 

 

世の中には、素晴らしい商品やサービスがごまん(巨万)とあるはずです。その素晴らしい商品に出会っていないからです。趣味の世界は別として、大抵はいまの原状に満足しているので無理に何かを探そうとすることはありません。

自ら探していない場合に出会うのが、クチコミです。知り合いが使っている、友人から薦められたなど、良い商品の伝わり方は本当にゆっくりとジワジワ来る感じです。

 

 

そこでインターネットの利用が不可欠なのです。自分がどこにいても発信は容易にできます。優秀なセールスマンは誰で作ることができます。ブログで事細かく、商品の説明や商品を使う理由を記事として投稿を続けていくことです。何も検索で1位を取らないと集客できないという訳ではありません。

たとえばお客様の声です。よく見るのは、実際にお客様が書いてくれたアンケートを写真に撮って貼り付けて終わりでは、折角のお客様の声が無駄に終わってしまっています。もちろん他のお客様には参考にはなるでしょうが、私の狙いはそこではありません。

 

 

そのアンケートを2次利用、3次利用していくことです。まずはテキスト化です。Googleは日々進化していますが、写真の文字をまだ認識しておりません。写真を並べるだけでは意味のないページとなってしまいます。その写真の文字をテキスト化やあなたが読み上げてYouTubeにするのも良い方法です。

さらにいえばお客様の声からFAQを作るという方法は質の高いコンテンツになります。なにせ実際の声ですから、購入者はとても参考になります。

 

 

ソーシャルメディアは情報を拡散するのにもっとも適しているので、ブログなどのストックコンテンツに溜め込んでソーシャルメディアで紹介する。

そして検索エンジンから探し当ててもらうようにします。検索する人が複数の言葉を入れる時代になって来ました。文章の一部をそのまま検索するようにもなって来ているので、文字が多い方が有利に働くのです。

 

 

お客様の声を載せるとか、商品の使い方のあれこれをブログに書くことによってセールスしない、セールスマンになります。

ここで忘れては行けないのが、そこからどう繋がっていくかです。ブログなどは相手が見に来てくれなくてはなりません。待ちのスタイルです。見てもらうためには、攻めのスタイルが必要になります。つまり、メルマガに登録してもらいこちらから、いつでも連絡が取れる方法を持つことで一連の流れが完結します。