読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

WEBマーケティング@武藤

インターネットマーケティングを中心にお話します。

ブログ優れている3の理由

f:id:masatakamuto:20151107131025j:plain

 

ブログを書いている方は多いと思います。ブログをする理由は様々だと思います。ここではビジネスにつなげるためには最適であるということです。

そのもっとも大きな理由は、ブログにはコストが非常に低いということです。会社やお店の商品を記事で紹介する。写真で説明する。動画で説明するなど、今お持ちのスマホがあれば簡単にブログを運営が出来ます。

広告やチラシをする場合は、数万円から数十万円かかってしまいます。しかし、ブログはそこまで費用はかかりません。費用という点では、記事を考える時間くらいです。

考える時間、投稿する時間だけがコストになります。最初は1時間くらいはかかってしまうかもしれません。現に私も毎日のどこかに投稿をしておりますが、まったく書けない時は3時間も4時間にもおよぶことがありました。でも、コストは考えるだけです。ここをどう考えるかだけです。

ブログの効果を3つにわけて説明します。

 

集客がしやすい

 ブログの記事ページは簡単に作ることができます。簡単に記事ページができるということは、1記事1記事にブログのURLがつきます。ということは、記事を書けば書くだけURLが増えていくことになり、検索者に対して入り口がどんどんふえていくことになります。新しい記事ページはブログのトップページや過去ページとサイドバーなどでリンクされます。

 

 インターネットでは、リンクという仕組みは切っても切り離せないのです。たとえどんなに良い記事を書いていたとしても、検索エンジンに見つけてもらわなければなりません。自身でも登録はできますが、検索エンジンは様々リンクを辿ってあたなのブログを登録します。書けば書くほど登録されていくので、検索エンジンもページ数が多いブログは情報量が多いと判断されて登録が早くなります。つまり、検索者との入り口が増え探される確立が高くなるのです。

 

 最近の検索エンジンはコンテンツSEOといわれキーワードだけを連呼している記事はマイナス評価がついてしまいます。この傾向はますます強くなっていくと思われます。

 

 関連した言葉でキーワードを目立たせるような文章力が備われば、検索エンジンからも評価が高くなっていき、何年経っても検索され続ける記事になります。

 

 私のブログも数年前に書いた記事からいまでも、毎日検索されて訪問者がやってきます。3年前に書いたからも毎日です。その中でも、特徴的な記事があります。

 

 どんな記事かというとある季節になると決まってアクセス数が増える記事です。たとえば、クリスマス時期に増え始め、期間限定で走っている列車の情報だったりとその時期が始まる数ヶ月前から増えてきます。そして、その時期がすぎるとパタッとアクセスが無くなるキーワードもあります。

 

 ブログの場合は、ブログ本体にアクセスがある訳けではないことを知ってください。ブログの1記事にアクセスがあるのです。1日1アクセスでも、100記事あれば100アクセスとなり、1000記事あれば1000アクセスとなるのです。

 

ファンにしやすい

 検索エンジンからやってくるお客様は一見客です。昨日までまったくあなたのことを知らなかった人たちです。たまたみかけた、偶然に出会っただけだということです。スタートラインに立てたということでもあります。ここから、お客様に信用と信頼を勝ち取るために、ブログの文章を通してファンに育てる方法を一緒に考えてみましょう。

 

 たとえば、ブログに写真の貼り方がわかない人がいたとします。その人は、検索エンジンの窓に「ブログ 写真 貼り方」などと検索して、解決策を探すはずです。その時に、とてもわかりやすい説明をしてくれているサイトに出逢い、その通り進めていくと写真の貼り方が簡単にできたとなれば、信用してくれるはずです。 

 

 

 方法がわからない方からすると、教えてくれるのは誰だっていいのです。まず、いま直面している問題を解決したいのですから、誰でも良い訳です。写真の貼り方がわかっている人からすると「そんなことぐらい誰でもしっているでしょう。」と思ってしまうのですが、知らない人も多く存在しています。

 

 その知らない人からすると、パソコンスクールなどでお金を払って教えてもらうことを丁寧に、それも無料で教えてくれる人は信頼する価値があると判断し、他にもいい情報がないかをサイト内で探すことになります。

 

ブランディングがしやすい

 あなたの仕事はどんな悩みを解決するのですか? 何の専門家ですか?

 

 ブログで開設してお客様になるユーザーを集めなくてはなりません。しかし、ただ集めるだけの売り込みばかりのブログには誰も集まりません。お客様になるには、そのユーザーの信頼を得て「この人にお願いしたい」と思ってもらわなければなりません。

 

 そのためには、あなたのビジネスのジャンルにおける専門家としてブランディングをする必要があります。顧客視点から発想するというのが、もっとも大切なポイントであり、周りからどのように見えているのかです。共感や信頼を高めていくのが目的です。ですから、どう見せるのかではなく、どう見られているのかがより大切なのです。

 

 売り込みばかりのブログは見ていても必死にお客様を追うばかりで、本当のサービスが受けられないのではないかと思ってしまいます。ですので、ブログを開設した当初は集客ツールとは考えずに自分の情報を発信するメディアと考えるようにしてください。

 

 ブログを開設する時に重要な点があります。それは「ブログを読んだら、こうなれる」という到達点がなければなりません。あなたの日常の日記を見に来ている訳ではありません。そして、その到達点は1つにするということです。1つにすることには理由があります。

 

 複数の到達点があればユーザーは迷ってしまい、私には関係がないと勝手に判断してしまいます。昔は[なんでも屋さん]がありましたが、時代も変わり「なんでもできるはプロの専門家ではない、他の専門家に依頼しようとなってしまうのです」。結果、ブランディングができないことになります。もし、どうしても複数の到達点がある場合は、違うブログで運営しましょう。

 

 

見込み客が増える 儲かるブログの書き方講座

見込み客が増える 儲かるブログの書き方講座