読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

WEBマーケティング@武藤

インターネットマーケティングを中心にお話します。

マイレージをうまく貯めて、うまく使おう!

f:id:masatakamuto:20151210025638j:plain

 

マイレージってご存知ですか? 

 

飛行機に乗ると乗った分だけポイントがもらえます。そのポイントがある一定数までいくと無料で国内線・国際線に交換できるというシステムです。

 

ANAとJALがマイレージのシステムを採用しています。まず、ANAがよいのかJALが良いのかを判断しなくてはなりません。一長一短があります。貯めやすさからいうと断然にANAとなります。JALの場合は、国際線の特典航空券に使うマイル数が少なくて済むというところが利点となります。

 

まず、ANAがなぜマイルが貯まりやすいのかですが、フライトでのマイル数はどちらでも同じになっていますが、ANAはEdyでの支払いでもマイルが貯まります。これがなかなか貯まります。

 

マイルプラス対象店舗でEdy払いをするとポイント2倍です。コンビニなどはどこでもEdyが使えますし、ホテルの宿泊代やタクシーなど支払いもできますからね。あっそうそう、うちのはんこ屋さんでも支払いできますから~(笑)。

 

公共料金の支払もすることでマイルがなんだか貯まってしまうことになります。フライトではなく地上で貯めるマイルのことを陸マイラーともいいます。

 

少し話がそれますが、ポイントといえばTカードが一歩先行していますが、ここに来てポンタがじゃらんと提携して勢力をのばしています。ポンタがもっと勢力をのばしてくれるとANAにもJALにもマイルにも交換できるので個人的にはうれしいです。

 

コンビニでの支払いでもローソンならダブルで貯まります。支払いをポンタを提示して、Edyで払うと両方にポイントが加算されます。これちょっとした裏ワザですが、面倒かも知れませんけど・・

 

ここからマイルの話です。

 

JALの方が少ないマイル数で特典に交換できるので、JALでの話をします。成田・羽田からグアム便だと20,000マイルで往復できます。キャンペーンなどの場合は、15,000マイルで交換が可能な時もあります。ここでちょっとした裏ワザです。特典に交換するのは330日前から予約ができます。

 

たとえば、いまから予約すると330日前までなので2016年10月末くらいにグアムに行く予定で特典交換をしておきます。当然このままで旅行に行くことは可能です。それ以前に時間がある場合には変更が可能なのです。同一の出発地と到着地であれば、前倒しが可能です。

 

札幌から成田・羽田を経由してグアムに行くのですが一般的ですよね。経由する場合にストップオーバーというちょっとお得な利用方法があります。

 

ストップオーバーとは、経由地で最大24時間滞在ができることになります。行きか帰りに東京で一泊できるという決まりがあります。これを利用して、ディズニーに立ち寄るなんて技も使えちゃいます。ただし、24時間なので24時間以内で次の便に搭乗しなければなりません。

 

なんか得した気分になりませんか?

 

特典航空券を利用する場合には、必ず利用の航空会社にて調べてからご利用くださいね。