WEBマーケティング@武藤

インターネットマーケティングを中心にお話します。

ZMOT(ジーモット)のタッチポイント オウンドメディア編

f:id:masatakamuto:20151215092107j:plain

どのようなコンテンツを用意しておけばよいのでしょうか。

 

少し専門的になってしまいますが、言葉だけでも覚えておいてください。オウンドメディア・シェアドメディア・アーンドメディア・ペイドメディア。この4つがメディアを分類する上で覚えおいてください。

 

自分が持っている運営しているメディアをオウンドメディアと呼びます。WEBサイトとブログ、動画、スライド、メルマガなど数多くありますね。シェアドメディアはソーシャルメディアでシェアやリツイートされるようなメディアです。アーンドメディアはレビューやクチコミでのはてなブックマークもアーンドメディアに属します。ペイドメディアは広告です。

 

どのようなタッチポイントが必要かという点を見ていくと基本的には、オウンドメディアを育てていくことになります。

 

WEBサイトとブログ、この2つは鉄板で外せないコンテンツです。複数のブログを運営している方も多いと思いますが、同じブログサービスはあまり効果は高くありません。運営するのであれば、違うブログサービスで行うことです。できる限りニーズを絞って投稿することをおすすめします。

 

これは、ブログ本でもお伝えしているように商品やサービス別にブログを立ち上げます。理由は専門性が高いほど、Googleは評価し検索結果の上昇が期待できるからです。数年前からはてなブログを強烈に押しています。他には絶対にない有利な点があります。それぞれのブログの特徴を見極めて運営することです。

 

ブログは毎日書くことは必要ありません。商品やサービスの特徴(ベネフィット)が伝わっていれば、やがて検索エンジンからお客様はやってきます。毎日、自分のことをどれだけ伝えたとしてもあなたのことを知っている人しか見てません。あなたのお客様はどこにいるのでしょうか。

 

私も本を書いておりますが、YouTubeはまだまだ利用する価値は高くあります。検索もさることながら、あなた自身の身振り手振りで表現して伝えることができます。iPhoneがあれば本当に簡単ですから、チャレンジしてみてください。思ってもみないようなことが現実に起こるはずです。YouTubeはどのメディアにも共有が簡単である点も見逃すことはできません。SEO対策上もとても有利なメディアです。

 

YouTubeでビジネスを加速する方法

 

YouTubeでビジネスを加速する方法

YouTubeでビジネスを加速する方法

 

 

 

次にポットキャストは音声を届けるメディアです。誰でも簡単にiTunesに登録ができます。動画ではなく、音声は◯◯◯しながら聞けるという点が利点ともいえるでしょう。家事をしながら、運転をしながらでも音声を聞く、まぁラジオというイメージです。忙しいビジネスパーソンにとっては時間節約もできますので重宝されます。

最新 武藤正隆のPodcast

最新 武藤正隆のPodcast

  • WEBコンサルタント@武藤正隆
  • ビジネスニュース
  • ¥0

 ポットキャスト専用サイト http://podcast.mutomasataka.com/

 

プッシュマーケティングの王道のメルマガは、外せないメディアです。何も有料のメルマガを必要とはしていません。私の講座でもレンタルサーバーについているメルマガ発行サービスでも十分です。配信数が多くなった場合やステップメールを使いたい時になってからでも遅くはありません。

 

定期的にファンに対してあなたのことを発信していきましょう。

 

 

e-BOOKやPDFレポートも配布をしましょう。付け焼き刃的なe-BOOK、PDFではあなたの信用を落としかねませんので、自慢作をダウンロードできるように設置します。先ほどのメルマガと合わせて、登録してくれた人にダウンロードURLを返信する方法は一石二鳥ともいえます。

 

 

何かのイベントで使ったことがあるスライドを公開できるメディアがあります。キーノートでも、パワーポイントでもどちらでも無料で公開できます。YouTubeでもPDFで書き出してアップすることも可能ですが、タッチポイントを多くしておくという観点から考えるとスライドはスライドで公開して行くのが望ましいと考えます。

 

SlideShare(スライドシェア)

 

今日は、オウンドメディアを中心にタッチポイントを紹介してみました。

 

・WEB
・ブログ
・YouTube
・Podcast
・メールマガジン
・e-BOOKやPDFレポート
・SlideShare