読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

WEBマーケティング@武藤

インターネットマーケティングを中心にお話します。

Eメールマーケティングはとにかくトラフィックを集めること。

Aデータ

f:id:masatakamuto:20160113213353p:plain

 

Bデータ

f:id:masatakamuto:20160113213451p:plain

 

Aデータはブログで形式で運用。Bデータはサイト形式で運用。

 

A.Bデータでは、運用は方法をまるで変えています。ソーシャルメディアで拡散させるか。させないかという点を意識的に行なっております。ここでもっと積極的に行わなければならないのが、Eメールです。15%くらいにしていかないと意味がないかも知れません。

お恥ずかしい例を上げています(笑)。でも、このブログで公開することにより、自分の対しての反省を込めて記事にしました。アクセスからの結果を見ながら実施、検証をしていかなくはなりません。また、課題が増えたということですね。

 

 

2015年の年末から、テキスト形式のメルマガを思い切ってHTML形式に変更したのです。これがなかなか残念な結果になっておりまして、正直がっかりしております。なぜ、HTML形式にしたのかというとモバイルファーストを重視して決断しました。受け取り側の環境で見れない場合とそもそも弾かれてしまう場合もあります。

決断した理由は測定です。どれだけメルマガを書いていても、開封されないと意味がありません。開封されてから、クリック率とコンバージョン率を測定が簡単にできることです。

 

 

では、開封率の平均は20%前後と言われています。前回のメルマガは、22.93%で平均より若干上回ったことは少しホッとしています。次に、クリック率は平均で2〜3%と言われています。クリック率は3.07%で、メルマガ解除率は0.32%とすべてにおいて平均より上回ったことになりました。コンバージョン率は測れませんでした。

配信時間が休日で夜の配信になってしまったので、結果はダメダメではないかと予想していたのですが、なんとか目的は達成しました。

 

 

メルマガ配信の開封率が高い、ゴールデンタイムや配信日も存在しますが、まだ検証中なので数回の実施後にお知らせしたいと思っています。もし、興味があればメルマガに登録しておいてくださいね。かなりの不定期なので、忘れた頃に配信されると思いますけどね(笑)。

アメリカではメルマガに動画を貼り付けて視聴してもらうとコンバージョンが数倍に上がっているようです。システム上、メルマガに動画を貼り付けて視聴できるサービスはありません。今後は動画が貼れて送れるサービスが登場するでしょう。クリックしてYouTubeに飛ばすことは可能です。

 


力を入れているAサイトのメールからのアクセスを10%超えを目指していこうと思っています。ソーシャルメディアもトラフィックを集めるには重要なポジションではあります。トラフィックのためと割りきった使い方が増えてきている感じがします。

FacebookとTwitterは、外せないツールではありますが、その熱は確実に収まろうとしています。