WEBマーケティング@武藤

インターネットマーケティングを中心にお話します。

独自ドメインを取得する前の注意点。

WEBサイトを作るまえに考えるべきこと

・独自ドメインをしっかりと考えましょう。
独自ドメインはサイトの住所や電話番号といってもいいでしょう。住所や電話番号がコロコロと変わってしまっては、お客様に対しての信頼を得ることはできませんよね。アクセス先としては重要なことなのです。しかし自分の好きな綴りやイメージでドメインを決めるのは、損をしている可能性が大きいのです。

 

私の場合でいうと、WEBサイトとして定義しているのは「mutomasataka.com」です。ブログは「www.sapporo-seo.info」となっています。他にも相当数のドメインを保有して運用しています(笑)。Googleの関係で整理をしましたが、毎日ドメイン更新をしているくらいです。

 

 

「mutomasataka.com」と「www.sapporo-seo.info」で勘が良い方ならわかるかも知れませんが、ドメイン名が検索して欲しい綴りになっています。「武藤正隆」と「札幌・SEO」で検索した場合に上位来て欲しいキーワードとしています。Googleはたとえローマ字でも日本語として認識してくれるようになっています。

 

たとえ、多少ローマ字の綴りが間違っていたとしても「もしかして」という◯◯ではと教えてくれます。ということは、Googleはドメインからも検索ワードを探っているということです。それなら、独自ドメインはしっかりと考えて取得するということが必要であり、サイトを作る場合に重要だと言わざるをいえません。

 

 

注意しなければならないのが、ドメインの長さです。あまりにも長いのは閲覧者にとっては面倒です。以前にそんな記事も書いていますので、復習のつもりでみていただければと思います。

 

http://www.sapporo-seo.info/entry/151226

 

.com や .net などどれがいいですかという質問もよくあります。私の感覚からいうと.jpが、ほんの少し有利かもしれないという程度だと思っています。ブログの.infoはあまりよく感じていません(笑)。.com や .net をよく使います。どれを利用するかは、現状はあまり関係がないというのが私の考えです。

 

 

スマホファーストという話を再三しておりますが、ドメインも実は関係があります。スマホで直接URLを入れる場合にハイフンを入れるようなドメインはよっぽどのことがない限り、使うことを避けています。

 

スマホでハイフンを入れる場合は、文字の切替をしなければなりません。正直面倒ですよね。面倒なことをなるべくさせないことは重要なことなので、なるべくなら避けた方が良いでしょう。

 

 

ドメインは取得しただけでは利用することはできません。ドメインをどこで使うかを選ばなくてはなりません。

 

明日は、サーバーについてお話ししたいと思います。