WEBマーケティング@武藤

インターネットマーケティングを中心にお話します。

ブログやサイトを制作する時のターゲット決定

f:id:masatakamuto:20160125215940j:plain

 

ブログやサイトを作っても訪問者が閲覧に来てくれなければ、折角苦労して作ったり費用をかけて作った意味がなくなります。ブログやサイトを公開すると日本中、24時間見てもらえることになります。しかし、そのブログやサイトの存在が知られていなければなりません。

 

訪問者を知ってもらい訪問者を集めなければなりません。それには、最初の設計を考えて作る必要があります。どのように訪問者を集めるかです。

 

実店舗の場合であれば、道端に看板を設置したりチラシを配布したりと知ってもらうための何かしらの方法をするでしょう。それと同じように訪問者を集めなくてはなりません。つまり、集客するということです。

 

インターネットの集客では、実店舗の集客とは大きく違います。チラシを不特定多数に配布することになり、興味のない人にまで広告費をつかうことになります。たとえば、熱帯魚を飼っていない人に熱帯魚の餌のチラシを一生懸命に配布しているようなものです。私はとても興味がありますが(笑)。あなたの商品やサービスに興味がある人を集めることで無駄な広告費を使うことがなくなるのです。

 

興味のありそうな人たちを集めるターゲットを決めていかなくてはならないのです。例でいえば、ターゲットは熱帯魚を飼っている人です。もしくはこれから熱帯魚を買おうとしている人たちになります。

 

ビジネス利用の場合はターゲットをしっかりと設定しなければなりません。あやふやな目標であれば、インターネットでの集客はうまく機能しませんし、どこかで見つけてやって来た訪問者も戸惑ってしまうでしょう。

 

熱帯魚でのターゲット設定をしてみましょう。設定する時は、キーワードとして活用できそうなことを言葉を書き出してみることをおすすめします。できるだけ多くある方がいいです。希望は100個くらいがいいでしょう。

 

キーワードを見つけるのには色々なツールがあります。しかしそれに頼っていると今後のブログやサイトの運営でつまずいてしまうことになりかねません。書き出した後にツールで調べることで、実際に検索されているキーワードとあなたが思い描いたキーワード違いを確認する時には、ツールを積極的に利用することをおすすめします。

 

Googleのキーワードプランナーで調べたりするのが、一般的でしょうけど慣れないと、とっつきにくいと思いますので下記の方法で調査してみてはどうでしょうか。

ヒントが多くみつかると思います。

 

関連キーワードを一括取得し、表示するツール

http://www.related-keywords.com/