読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

WEBマーケティング@武藤

インターネットマーケティングを中心にお話します。

Googleマイビジネスは検索エンジンの地図に表示されます!

f:id:masatakamuto:20160209191425p:plain

Googleマイビジネスでは検索やGoogle+での閲覧などが報告されます。これを元に投稿などを考えて行うことにしています。

 

全く投稿していなかったので、今後はもっと力を入れて投稿しなければとこの報告レポートをみて思うのでありました。はんこ屋さん21行啓通店を筆頭に後、2店舗運営しております。大抵は、行啓通店にいます。札幌にいる時は・・・

 

Googleマイビジネスの登録を行なっておけば、レポートはもちろんインサイトで詳しくどのくらい閲覧してもらったのか。何件のコールがあったのも一目瞭然となります。

 

Googleなので、もちろん無料で利用できますので登録はしておいた方が良いのです。Google検索では、検索キーワードとマッチすると地図が3件表示されます。この3件の中に入ると勝手に検索されて、訪問客のアクセスも上がることになります。

 

以前は7件も表示されていた時がありますが、スマホファーストになりスマホ表示と同じになり、3件となってしまいました。これは、結構大きな変更で4位で表示されていたサイトは大きなダメージになってしまいました。

 

f:id:masatakamuto:20160209191351p:plain

 

記事の最後に問題があります!

 

 

このブログでも、様々なサービスの登録をおすすめしておりますが、基本無料でできることを中心にお伝えしています。以前のYelpもそうですけど、投稿やスポットがなければ投稿やクチコミも増えていきません。たとえ、あなたが懸命に発信しなくても、他のユーザーが気に入ってくれたり、クチコミを書きたくなったときに登録がされていなければ、クチコミなどは発生しません。

 

なので、新サービスが登場してある程度の動きが見えた時点で、登録を完了しておかなければならないのです。

 

 

新しいソーシャルメディアが登場したとしても、誰よりも先に登録はしなくてもよいのです。今までのSNSをみているとある程度の日本人ユーザーが増えていかなければ、発展もしません。そこで目安になる登録ユーザー数ですが、300万人に達成した時くらいからは登録をするとよいと思います。

 

何かしらの目安を作ることで、周りに振り回されてはいけません。実際には、800万人くらいになってからでも、まったく遅くはありません。逆に800万人くらいからのスタートでも構いませんよ。

 

 

以前、Tsuというメディアが誕生して、少しの間だけ話題になりましたよね。今ではまったく話も聞かなくなりました。ソーシャルメディアやネットを教えている人物が懸命に自分の稼ぎになることを理由に多くの人を巻き込み、子や孫にしてほんの少しは稼いだかも知れませんけど・・・

 

調べていくとまったく継続性や組織規模から言って、流行るとも思わなかったので、一切、私触れることなく過ぎ去ってしまった。当然と言えば当然です。目先の仕組みはできたいたかも知れませんが、継続性がまったくありません。そのなサービスに誰が申し込むという疑問符しかなかったのです。

 

結果は、Tsuに関しての書籍は1冊だったと思います。売れたかどうだか知れませんけどね。

 

その目安は、日本人ユーザーが300万人か少し遅れても800万人です。800万人に達成すると加速度をあげて、1000万人になるばすです。私の基準なので、800万人いく前には登録だけでもしておきたいところです。

 

 

 

 

 

スマホの動向については、また次回にでもお話しようと思っております。色々と騒がしくなっている。スマホの広告争奪戦はどこが、もっとも有利になるかはどこでしょう。次の4つから、正しいと思われることをひとつ挙げよ。

・Google
・Facebook
・Apple
・Yahoo!