WEBマーケティング@武藤

インターネットマーケティングを中心にお話します。

広告の数が激減して、ますます競争が激しくなるPPC広告。

GoogleChromeで右側の広告がなくなってきていますね。スッキリしてなんとなく物足りない感じがします。今まで広告を主体としていたビジネスモデルが、どのように変化していくのかを見届けなければなりませんね。

 

広告からのアクセスを運んでいた企業は、広告単価が高騰していくのではという懸念も広がっています。今までは、1ページで多くの広告が掲載されていました。しかし、いまでは上段に3件〜4件、下段に3件となり訪問者を巡って激しい戦いになることでしょう。

 


f:id:masatakamuto:20160224211900p:plain

 

 


f:id:masatakamuto:20160224212121p:plain

 

先日もいいましたが、スマホファーストが本格的にやってくるようです。この決断は比較的早かったと思います。たぶん、しっかりとデータをとって、パソコンよりスマホからの方が良い結果が出ているのだろうと推測しております。

 

ただ、この右側のスペースと勿体と感じてしまいます。

 

最近、Google+のアイコンが多く表示されませんか? 私だけでしょうかね。ちょいちょい見かけることが多くなったような気がします。先日話した、パーソナライズド検索で検索をかけると全く出てきませんが、普通に検索するとGoogle+記事が多く表示されるようになったよう思います。みなさんはどうでしょうか?

www.sapporo-seo.info

 

検索する時の場所によっては、検索される内容が違っているのをご存知ですかね。たとえば、私がコーヒーショップと検索すると自分の位置からならべく近い場所を検索してくれています。

 

パソコンの場合であれば、検索する画面の下に現在の場所から探るようになっています。ブルーになっていると今の現在地となります。

f:id:masatakamuto:20160224213922p:plain

 

もちろん、パソコンだけではなく、スマホでも位置情報から適切な検索対象を絞りだします。

 

別の場所付近の検索結果を表示する場合には、ローカル名を入れると表示されます。たとえば、札幌に居ながら福岡のラーメン屋さんを探す時には、「ラーメン 福岡」というふうに検索ワードの中に地域名を入れると検索されます。自分が居る場所付近では、地域名を入れなくても探せるということです。

 

スマホの位置情報も、セキュリティーの問題があるのでしっかりと理解した上でお使いくださいね。