WEBマーケティング@武藤

インターネットマーケティングを中心にお話します。

Googleアナリティクスでアクセス時間を知りたいのでカスタムレポートを設定してみた。

f:id:masatakamuto:20160227222321p:plain

ウェブを更新する場合に、何時に記事を更新すると効果が高いのかと悩まれている方はいませんか。折角の記事なのでできれば、多くの人にみてもらいたいですよね。私もいつも悩んでおりました。そこでGoogleアナリティクスを使って1ヶ月間調査をしておりました。

 

やっとこの時間がいいのではないかという結論がみつかりました。ので当面はその時間に公開をしていこうと思っております。それから、また検証してもっと良い時間があれば変更しようと思います。

 

1ヶ月のデータを取った平均なのですが、Googleアナリティクスでデータを取ってみました。検証の仕方もGoogleアナリティクスを入れた全期間ではなく、直近の30日程度の平均です。

 

設定は、簡単です。

 

カスタムで設定をするだけで1日でもっとアクセスがある時間がデータでわかります。通常は記事投稿した瞬間から数分がもっともアクセスが高くなるというのが、一般的といわれています。なので、投稿した時は高くなるのは理解できるのですが、今回データを取ってある時間が2番目に高くなる時間があったので今の時間になっています。

 

 

直近30日

f:id:masatakamuto:20160227211258p:plain

直近7日間

f:id:masatakamuto:20160227211310p:plain

 

直近の16:00が気になったので16:00で数日間更新してみます。もしかするとまた、更新時間を変えるかも知れませんけど・・・

 

ということで、初期設定のGoogleアナリティクスでは日別のアクセスをみることができません。なのでカスタムレポートというオリジナルで自分好みのレポートを作ることができます。決して難しくないのでぜひ、チャレンジして欲しいと思います。

 

f:id:masatakamuto:20160227220153j:plain

 

上記の設定で時間を把握できることになります。

全般設定:タイトルを任意で入力する
レポート:名前を任意で入力する
指数グループ:セッション、ページビューは欠かせません。分析したい項目を入力。

 

 

f:id:masatakamuto:20160227215302p:plain

f:id:masatakamuto:20160227215339p:plain

 

保存で終了です。

すでにGoogleアナリティクスを利用していると今までのデータを反映するので、即目的のデータが手にできます。