WEBマーケティング@武藤

インターネットマーケティングを中心にお話します。

Googleサーチコンソールってかかりつけの医者さん?

f:id:masatakamuto:20160309221512p:plain

Googleサーチコンソールって知ってますか? 以前はウェブマスターツールと言っておりましたが、20155月頃に名称がわかりました。基本的に内容は変わっていませんが、サーチコンソールに登録しているサイトやアプリがGoogleからどのように見られているのかがわかります。

 

さらに、ウェブやアプリにエラーがあればそれをメールで教えてくれたりとウェブの中身も見てくれます。検索結果にどんな言葉(検索クエリ*1)で入力したのかもなどもわかります。Googleサーチコンソールでエラーの知らせを受けて修正するとページが検索結果に表示されます。

 

あるページにアクセスが集まっている場合にどんなキーワードで集まっているのかもわかります。キーワードがわかれば、より絞ったキーワードで新しいページを作りアスセスを集めることもできるでしょう。

 

エラーページ、ハッキングされている可能性がある場合や何らかのサイトに問題ある時にメールで知らせてくれます。ウェブ管理者としてはありがたいサービスの一つでもあります。

 

他にも

・検索での見え方。

・どのようなサイトからリンクされているか。

・どのページがGoogleに登録されているか。

・モバイルから見たときのサイト状況。

・検索キーワードは何か。

 

 

ここでちょっと注目していただきたい点があります。アクセスが集まるページとまったくアクセスが無いページが存在するはずです。検索結果の上位に表示されるようなページは安定的にアクセスが集まります。まったくがないページが多く存在しているのであれば、そのページを削除、またはリライトをしてアクセスを集めることを考えてください。

 

アクセスがないページはGoogleは評価しませんので、折角書いた記事なのでリライトをすることを強くお薦めします。文字量が少なければ、多くしたり写真や動画を入れて見たりとリッチな(コンテンツ*2)にしましょう。

 

これらは、Googleサーチコンソールで調査をしなが行なってくださいね。

 

サイトがGoogleからどう見られているのかを判断してくれる。あなたのサイトのお医者さんなのです。

 

 

*1:検索クエリとは、ユーザーが検索時に入力する単語・フレーズ(複合語)のこと。

*2:中身、内容(物)、容量、項目、意味、満足させる、満足(感)、充足(感)のこと。