WEBマーケティング@武藤

インターネットマーケティングを中心にお話します。

なぜ、Bingに登録が必要なのか。モバイルファースト

f:id:masatakamuto:20160314050819j:plain

時代はモバイルファーストになっていることはみなさんもご存知だと思います。実際にあなたのブログのアクセスもモバイルからのアクセスが半数になっているのでないでしょうか。

 

・モバイルからの流入が過半数ということは?
・日本の過半数の機種はなにですか?
・では、検索エンジンはどこを対策しなければなりませんか?

 

過半数を占めているiPhoneのiOSは現在の初期設定がBing。やっと出てきたBingです(笑)。iPhoneのブラウザはSafariです。それと忘れてならないのが、SiriとSpotlight検索です。iPhoneの設定を変えない限り、検索エンジンはBingということ、だからBingが重要になってくると訳です。

 

何度か、このブログでもひつこいくらい説明してきました。SiriとSpotlight検索はiPhoneやMac内を検索するミクロな検索エンジンです。SiriとSpotlight検索で、WEBを検索する時はBingでもあります。

 

今後、iPhoneのシェアは、購入価格の問題があるのでシェアの拡大は難しいかも知れません。全体の出荷量からみても減速は進んでいます。

 

Googleの持ち株会社アルファベットの株式時価総額が2月1日、Appleを上回った。2004年に前身のグーグルが上場して以来、初の世界首位になりました。11年以降、ほぼ一貫してトップを守ってきたAppleは首位の座を明け渡しました。ここでAppleがどのように対抗してくるかを占う3月の新機種発表が控えています。

 

iPhoneSEの発表は3月21日で通常でいくと予約開始は25日くらいになるでしょう。このSEの売れ行き次第でiPhone7もある程度見通しがつくのではないかと思っています。私的には、21日はMac系の発表がどんな感じになるか楽しみにしております。

 

今回のSEの発表は、iPhone5sの改良版だと推測しており、ターゲットは海外のAndroidに向けて発売するのではないかと勝手に思っております。海外では、Androidが圧倒的にシェアがあるので価格も中間層を狙った価格を設定するのではないか。5万円を切った価格で発売をこれまた、勝手な予想です。

 

もし、この価格設定で販売されることになれば、Androidでは物足りないユーザー層へのリーチができることになり、シェアを伸ばせると企んでいるのでは・・・

 

勝手な憶測が当たれば、ますますBing対策は重要なポジションとなりえます。

 

とはいえ、現状の日本におけるシェアは高いことからもBingのWEBマスターの登録だけでもしておいた方が良いことは明白です。

 

追伸
Appleが株式時価総額でGoogleに抜かれてしまったことで、一部のアナリストたちはAppleはもう新しい商品を出せなくなり、ズルズルと後退するのではないかと言っております。

Googleは基本的に広告で稼いでいる会社です。もし、Googleを使わない今回のiOSのようにメーカーがGoogleを排除していくことになければ、どうなっていくのでしょうか。

ある意味、他力の広告費で稼いでいるので、広告が一切ないブラウザが登場するとGoogleとFacebookは一気に収支が落ち込んでしまうと私は思っているのですけど・・・

そうなると、当然PPC広告も無くなるわけでSEO、本格的なコンテンツマーケティングの時代に突入しそうな予感です。