WEBマーケティング@武藤

インターネットマーケティングを中心にお話します。

ブログ記事タイトルは何文字がいいの? 40文字

できるなら、40文字までにしましょう。でも、できるならです。

 

パソコン版

f:id:masatakamuto:20160424214234p:plain

 

スマホ版

f:id:masatakamuto:20160424214710j:plain



4年前までは32文字、少し前までは26文字、今は40文字が一般的になりつつあります。40文字はあまり聞かないかも知れません。理由は、スマホで検索すると40文字が表示されるのでそれ以内だとスッキリと表示されます。

 

ですが、40文字ピッタリにする必要もないわけです。

 

ただ、ちょっとしたコツがあります。言いたいことや伝えたいことはなるべく前に持ってくる方が検索ユーザーにみてもらえる可能性は高くなるので、30文字以内でもっとも重要なこと、いうべきことは最初に入れておきましょう。

 

キーワードをタイトルの最初に入れる必要もあまりありません。最初に入れてヘンテコな日本語にならなければ、最初に入れておくことは問題ありませんが、ヘンテコな日本語になるくらいなら無理に最初に入れておく必要はありません。

 

Googleも進化しているので、記事タイトルの中間に入っていても、本文と関連性が高ければ、問題ありません。難しいキーワードでも上位表示しているのを複数確認しているので、記事タイトルの文字数にナーバスになる必要はありません。

 

しっかりとした日本語の方が、検索ユーザーに対しても親切ですし、クリックやタップがし易いのでタイトルの文字数はさほど気にする部分では無くなってきました。

 

モバイルで検索すると40文字は表示されるので、40文字までには言いたいこと、伝えたいことは言うようにしましょう。

 

もう時代はモバイルが中心として動いていますので、パソコンで表示される文字を意識するより、モバイルで表示される文字数が大切になってきます。記事タイトルで20文字以内だとスカスカ感が出来きてしまうので、手抜き感が出てきてしまうので、35文字から40文字を目指して、記事タイトル数を決めた方が良いかも知れません。

 

 しかし、文字数にこだわりすぎてわかりづらいタイトルになっては本末転倒です。ソーシャルメディアで拡散する場合も考えて、記事タイトルは考えなければなりません。

 

 

ソーシャルメディアの代表的なFacebookで記事をシェアする場合には、25文字が最大になっています。

 

mutomasataka.com

 

Twitterでは、まだ文字が表示できるスペースがありそうですが、Facebookが25文字なので、ソーシャルメディアでシェアを考えた時には、25文字で良いと判断します。