読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

WEBマーケティング@武藤

インターネットマーケティングを中心にお話します。

エックスサーバー(Xserver)でSPF設定をしてみました。

エックスサーバーでメールマガジンの設定をしていました。しかし、Gmailが即迷惑フォルダに振られてしまうので、回避するように設定をしました。その方法をメモとしても残しておこうと思い記事にしました。

 

f:id:masatakamuto:20160510020416p:plain

 

認証方法として、SPF設定をする必要があるとのことです。

f:id:masatakamuto:20160510020528p:plain

 

SPF設定をしていなければ、?マークが出て即迷惑フォルダ入りです。

 

f:id:masatakamuto:20160510020629j:plain

 

 

SPF設定を完了した結果、受信が完了!

 

f:id:masatakamuto:20160510020741j:plain

 

メールを配信しているサーバーのDNSを追加することになります。このメールはこのサーバーから送っていますので、迷惑メールではありませんという宣言みたいなものです。

 

DNSの設定で、DNSへのSPF設定機能でTXTレコードの追加します。エックスサーバーでは、下記のように設定を行なってください。となっていましたが、うまくいきませんでした。

 

ホスト:空白(入力なし)
種別:TXT
内容:v=spf1 +ip4:000.000.000.000 ~all
優先度:0

 

内容の000をIPアドレスに変えて設定します。(すべての数字が3桁ではない場合もあります。)

 

色々と調べた結果、内容の部分にサーバーの番号を入れることでクリアできました。

内容:v=spf1 +ip4:000.000.000.000 +a:sv++++.xserver.jp +mx ~all

++++はサーバー番号です。3桁の場合もあります。

 

これで完了です。実際にGmailとYahoo!メールに送ってみましたが、無事受信しました。

 

でも、なんとなく怪しい気がしたので、SPFレコードチェックを行なってみました。

http://www.kitterman.com/spf/validate.html

f:id:masatakamuto:20160510022049j:plain

 

英語のサイトではありますが、ページ中段に写真のようなチェックができるツールがあります。IPアドレスとメールアドレスを入力後、Test SPF Recordをクリックします。

f:id:masatakamuto:20160510022257p:plain

設定がうまくいっていれば、PASSという表示が出ます。

 

メールマガジンを発行している方は、すでにSPFは設定済みだと思います。SPFはメールマガジンにとっては肝でもありますので、確認はしておいてくださいね。

 

どんなにメールアドレスがあっても、届かないと意味がありません。しっかりと届くように設定の確認や受信確認はしておいてください。