読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

WEBマーケティング@武藤

インターネットマーケティングを中心にお話します。

重複コンテンツには気をつけなくてもいいのよ。

f:id:masatakamuto:20160607123348j:plain

重複コンテンツはダメだと気にする方が非常に多いのですが、そんなに気にすることはありません。もちろん、他人のコンテンツをコピーして自らのコンテンツにしているのは、問題があります。

 

問題というより、犯罪です(笑)。それを知ってれば犯罪行為はおすすめできません。

 

どうしても利用したい場合は、引用という仕組みがあります。どこのウェブサイトから借りてきたのかを明記することです。私のコンテンツは誰にも渡したくないと思うのであれば、ウェブでの展開をなさなければ良いと思うのです。

 

コンテンツを盗まれたといって、ギャギャー騒いでいる輩もおりますが、寛大な気持ちで受け入れてあげた方が良いと思います。私のコンテンツはオールフリーなので、利用できるところがあれば、ぜひ利用してくださいね(笑)。

 

そんな人に限って、エゴサーチばかりしているのではいでしょうか? そんなに大切であれば、しっかりと保管しておいて欲しいのだと思います。

 

 

さて、まえがきが長くなりましたが、重複コンテンツの話をしましょう。

 

WordPressって、初期設定であれば勝手に重複コンテンツを量産しています。1記事に複数のURLが作られているのです。WordPressで運用しているのであれば、Tag・Archivesで調べてください。

 

たとえば、abc.comであれば、abc.com/tag/・abc.com/archives/ で入力して、もしページがあれば、重複コンテンツになっています。しっかり設定していなければ、知らずに重複コンテンツがあるのです。

 

普段は隠れて見えていないのですが、調べるとあったりします。

 

重複コンテンツはまるまるコピーするとGoogleは察知するでしょう。ただ、50%くらいであれば、Googleは知らないふりです。これは、他のウェブサイトを見ても明らかです。ニュースサイトなど、コピーすることで拡散していきますからね。

 

それほど、気にしなくて良いと思いますよ。でも、基本的にコピーはダメですけどね。