読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

WEBマーケティング@武藤

インターネットマーケティングを中心にお話します。

URLの構造は大切でWordPressは自由に設定できます。

WordPressを設定する際には、URLを任意で設定ができます。WordPressの初期設定では、Googleに対しても良い効果がありません。少しの手間で効果があります。

 

初期設定のままでは、Googleが嫌うURLになっています。最低でも初期設定からは変更をしなければなりません。

 

WordPressには、細かい設定をする必要が結構あります。プラグインも入れれば良いというものではありません。入れると悪さをするプラグインさえ存在します。干渉して遅くなり、ウェブサイトに悪影響を及ぼします。

 

良かれと思って折角入れた、プラグインが悪影響を及ぼすのは本末転倒ですよね。一番の悪影響は、アクセスのスピードが落ちることがもっとも影響があります。はじめて入れる、プラグインは入れない状態でスピードを図っておいて、プラグイン導入後のアクセススピードを図ると影響がわかりますよね。

 

あと、アクセスする時間です。20:00〜23:00付近はどこのサーバーも混雑しますので、テストは早朝や深夜と混雑時にも変化を確かめると良いと思います。

 

入れたら入れっぱなしというものやめておいた方が良いです。しっかりと管理できていれば、インストールだけでは影響がおよびませんが、大抵は何を入れたのかも忘れてしまうことが多いのではないでしょうかね。そのためにも、使わないプラグインは削除は忘れずにしておきましょう。

 

テーマによっても遅いテーマなどもあります。テーマが遅いのは、いらないコードも書いてある場合やWordPressのシステムをよく理解していないで作られたテーマはよくありません。

 

WordPressはアクセスがあると一旦、必要なコードを読みにいき集めて、ページを表示するような設計になっているので、読み込む際は必要最低限のコードが良いとされています。

 

色々と検証して、効率よくGoogleに伝えることによって、検索順位も上昇が見込めます。折角やるなら評価の高いウェブサイトが良いので、実証や検証をしてプラグインやテーマを選んでくださいね。