WEBマーケティング@武藤

インターネットマーケティングを中心にお話します。

検索の方法が変わりつつある。

 

f:id:masatakamuto:20160806132657p:plain

 

検索といえば、GoogleとYahoo!とすぐに思い浮かべると思います。その状況がわかりつつあります。とあるデータを見てびっくりしたのです。

 

GoogleやYahoo!の検索シェアがどんどんと低くなっています。ウェブサイトを作る側としては、しっかりと理解しなければならないのですが、このデータには色々と考える機会を与えてくれました。

 

このような結果になった理由は、検索エンジンを使わなくなったということではありません。使っていることは使っているのですが、検索エンジンは情報が遅いというのが理由のようです。

 

速攻性を求める人々はTwitterに流れてしまっているというのが原因のようです。

 

GoogleやYahoo!は、新しい情報が登録されるのが遅いという理由で検索する若者はTwitterやInstagramに流れてしまったということです。

 

このデータは、18才〜22才の男女から集めたデータなので中高年には当てはまらないと思って、ウェブサイトの作り方は誤った方向に進んでしまいます。

 

Googleが今後どのよう動いていくのかは、ある意味楽しみにしていますが、Twitterについてはしっかりと対策をしていかなくてはなりません。

 

mutomasataka.com