読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

WEBマーケティング@武藤

インターネットマーケティングを中心にお話します。

デジカメの現像? RAW画像が良い?

f:id:masatakamuto:20170215040658j:image

 

デジカメは一般的に、保存する場合はjpegで保存されます。少し高級なカメラになるとRAWという保存形式があるのです。

 

RAWは、生データという意味で現像(加工)するということになります。私は、アマチュアなのでRAWでは撮る場合は、まずありません。

 

商業プロの写真家はRAWで撮ることが多いようです。なぜ、RAWで撮るのかというと失敗できない時はRAWが活躍します。特にホワイトバランスを加工したい時は力を発揮します。

 

モデルさんがいて、限られた時間内で撮影をしなければならない場合は、あれこれセッティングしている場合はありませんよね。だから、RAWでバシバシ撮っておいて、あとで仕上げるのです。

 

詳しく説明するとまた、3000文字くらいになりそうなのでやめておきますが、同じ被写体でもカメラメーカーによっても色合いが違います。

 

画像エンジンが各メーカーで違うから起こる現象です。なので、好みの問題になってしまいます。

 

私も時間がない時は、RAWで撮ることがありますが、ピントだけ合わしてバシバシ撮っておけば良いというイメージなんです。あとで現像するから、構図だけをイメージして撮りまくる。

 

あとでフォトショで変更ができます。というか現像しなければならないので多くさえ撮っておけば、現像するのでトリミングも簡単です。

 

なんかつまらない感じがしませんか?  加工が基準にあるので可もなく不可もなしの写真になります。

 

この現像については、どこで現像するのかとい問題なんです。カメラですか、パソコンでするかなのです。

 

まぁ考え方次第ということです。私は勝手に写真は時間を閉じ込むツールなので見たままが好きなんです。