WEBマーケティング@武藤

インターネットマーケティングを中心にお話します。

正しい情報を仕入れるには日々の観察力と危機感。

日本の借金は1143兆円を超えるているといわれています。日本というニュアンスが国民を惑わせる原因でもあります。正確には、日本政府なのです。

 

 

借金をするからには、誰から借りているのか。これ私たち国民から借りているのです。もう一つ借金と同時に必ずあるのは資産です。決算や確定申告を行っている人なら必ずご存知の貸借対照表(バランスシート)です。左側が資産、右側に負債と資本がきます。

 

 

1143兆円というのは、バランスシートの右側の負債の数字だけで判断してはいけないということです。2015年の貸借対照表は財務省から公開されています。100歩譲ってこの表を見るだけでも490兆となっています。1000兆というのは、とても偏った見かたをしているとしか言えません。

興味のある方は是非みてくださいね。

 

 


麻生太郎が演説、日本の借金経済の嘘をわかりやすく解説【マスコミが報道しないニュース】

 

日本を救う最強の経済論

日本を救う最強の経済論

 

 

 

国民が何も知らないとでも思っているのでしょうかね。日本は世界でもっとも資産がある国です。借金も円建てなのでまったく心配がありません。ギリシャなどは外貨での借金だったために破綻してしまいました。そして日本の隣国も破綻の可能性があります。

 

 

人から聞くことも大切ですが、それを自分でしっかりと確認することで納得して発信しなくてはなりません。もしそのまま鵜呑みにして発信しても教えてくれた人が間違っていたとしても、あなたの発信として扱われます。

 

 

インターネットは簡単に情報を手に入れることが可能ですが、その情報ソースがすべて正しいとは限りません。嘘を真に受けて発信してしまうとあなたの発信の信憑性が疑われます。けっして良いことはありません。気をつけて情報を発信していきましょう。

 

 

 

衆議院の解散による。公示がはじまりましたね。どんな結果になるのか楽しみですが、間違った報道だけはやめていただきたいと節に願っております。と同時に私たち国民もしっかりと選んで投票しましょう。