WEBマーケティング@武藤

インターネットマーケティングを中心にお話します。

GoogleのSEO対策は、今も昔もリンクと内容。

f:id:masatakamuto:20171113182836j:plain

 

Google担当者が明確にしました。ただ、公式なアナウンスではないと思います。でも、なかなか的を射ています。

webpromo.expert

 

 

何度も三度もいっていますが、Googleのもっとも大切な部分はリンクです。これは一貫してGoogleは変わっていません。ただリンクの質に対して注目しています。良いサイトからリンクされること、良いサイトにリンクを送ることは両者にとってメリットがあるということです。

 

ここで注目しなければならないのは、関係性が高いサイトであることです。たとえば、車のサイトであれば、車の部品を扱うサイトへのリンクなどはとても関連性が高いことがわかります。車のサイトからラーメン店のサイトにリンクを張っていると関連性は低いと思われてしまいます。

 

誰がみても関連性は低いと考えてよいでしょう。リンクは橋として、ユーザーが渡るという行為を重要としています。そしてそのユーザーが渡った先のサイトである程度の滞在時間があれば、それをリンクしたサイトの評価に加点することがわかっています。

 

もし、渡った先ですぐに閉じてしまうようなサイトは加点されません。ユーザーの視点になれば理解してもらえると思います。ユーザーのためになっているか? これがGoogleがもっとも大切とする考え方です。

 

リンクとともに大切な要素は、ページの内容です。内容とはコンテンツです。ユーザーが探しているものなのかです。もし、その目的でない場合はすぐにサイトを閉じてしまうでしょう。閉じるという行為は、役立たずのページだと理解します。

 

コンテンツは文字と写真、動画などです。内容が伴っていなければ、どれだけアクセス数があっても評価はされません。100人入る会場で10人より10人入る会場で10人入る方が良いということです。アクセス数と滞在時間の割合がとても大切です。

 

私のサイトでは、詳しい説明もしております。公開は1日、15日で公開を続けています。

mutomasataka.com

 

動画を使ったコンテンツは非常に重要になっています。動画についても各種サービスがあります。ライブ配信できるプラットフォームなども多くあります。

 

動画は、リアルに内容が伝わるのでみている方も理解し易いです。特別な機材は必要なくなりました。いまお持ちのスマホで十分です。YouTubeのことも何度もいっておりますけどね〜。敷居が高いことは、想定できますが効果がこんなに高いのにどうしてチャレンジしないのか不思議なんです。

 

今月中旬から動画のコンテンツを増やしていこうと思っています。いま、原稿書いてます。お楽しみに〜