WEBマーケティング@武藤

インターネットマーケティングを中心にお話します。

Adobe Creative Cloudが本当に便利だわ!

AdobeCCの使い勝手がとても良いです!  サイト作る時は確認のためにiPhone、iPadを並べて表示幅など確認しながら作るようにしています。Google Chromeなどのブラウザでも確認できることは知っているのですが、実感が湧きません。

 

f:id:masatakamuto:20180114172632p:plain

 

特にパラドックス効果を入れたサイトは特に表示速度なども確認したいので、実機を並べてセコセコとやってます。

 

 

使いたい素材をiPadで選び、それをAdobe Creative Cloudに入れると自動で共有されMacでもiPhoneでも普通に見れることができます。私の使い方でよく使うのが、大まかな画像編集をしておいてその後Macで仕上げたりもします。

 

 

Adobe Creative CloudならiPadで編集し、レイヤーも入れたままでMacで編集ができます!  空いた時間で効率が良くなり、生産性も向上していると思います。どうしても細かい修正などは、まだまだパソコンです。

 

 

最近は、私もパソコンはなるべく持ち歩かないようにしています。それは、強制的にないとなるとどうにかしようと考えるわけです。iPadはできることが多くあり、いままで使って頻繁に使っていかなった部分もあって、随分と進化したなとおもったわけです。

 

 

当初、iPadが市場に出た時は、珍しさもあって売れました。もちろん、私も購入しました。ほとんどの人がiPhoneを所有していたはずだったの珍しさがなく、ただ大きいiPhoneというイメージだったのではないでしょうか。

 

 

世代交代がおこるたびに購入はしていたのですが、写真をみたりYouTubeをみたりとまったく変わった使い方をしてこなかったのです。本格的にいまの思いになったのは、モバイルが本格的に主流になっていくことを実感した。昨年くらいから思いはじめました。

 

今年は、セミナーもiPadとiPhoneでいけそうなこともわかりましたので、モバイルだけにしたいと思います。会場の設備にも対応できるようにライトニングケーブルもVGA用とHDMI用も準備しています。

 

 

Macだとリモコンを使ってスライドをページ送りをしていましたが、iPhoneからリモートでページ送りができますので、リモコンもいらなくなりました。

 

 

iPadもスマートキーボードの使い勝手もよいので安心できます。音声入力もチャレンジしていきます。いままでMacを立ち上げていた部分をモバイルでどこまでできるか!!

 

 

2018年は、わたしにとってモバイル元年にしていこうと思います。