WEBマーケティング@武藤

インターネットマーケティングを中心にお話します。

Photoshopがアップデートされて、新機能「被写体を選択」の追加された!


フォトショップのアップデートで切り抜きするが簡単すぎる!

やばいくらいに便利にそして簡単になった、切り抜きは本当にすごいのです。名刺やパンフレットなども作ったりするのですが、少し前までは髪の毛を一本一本パスを取っていたのですが、少し前から境界線をなぞるだけで抜けるようになりました。

 

 

そして、今回はAIの技術が入っているらしくソフトが勝手に判断してくれて、選択範囲を描いてくれます。後は、人の手で仕上げて行く感じです。その判断が素晴らしいのです。さらに、Photoshopで加工した素材はIllustratorにシームレスで利用できます。

 

 

動画でも説明していますが、多分3枚の写真を加工するには最低でも1時間はかかってしまう作業をたった10分程度で3枚の加工が終了しています。動画は17分とちょっと長いですが、その中で3枚加工しています。

 

 

その方法なども説明しています。印刷物になるともっと丁寧に行わなければなりませんが、WEBサイトであれば十分のクオリティーだと思います。

f:id:masatakamuto:20180128194546p:plain



大幅なアップデートは大抵、1年に一回程度とされていましたが今回のアップデートは私にとってとても嬉しいアップデートでした。最近は、試行錯誤をしながら最新の手法を使っています。

 

 

お客様からいただいた原稿を音声入力で文字にして、原稿を作っていくようなこともしています。主に私がおこなうのは、iPhoneのメモで作っています。かっこ、かっことじ、改行、まるなど文字入力するためのワードも充実しております。iPhoneの場合は正確には、Siriが判断してくれます。特定のコマンドを音声入力すると指定の文字を起こしてくれます。


たとえば、

  • アポストロフィー  '
  • 大かっこ開く  [
  • 大かっこ閉じる  ]
  • かっこ開く  (
  • かっこ閉じる  )
  • 中かっこ開く  {
  • 中かっこ閉じる  }
  • 山かっこ開く  <
  • 山かっこ閉じる  >
  • コロン  :
  • コンマ  ,
  • ダッシュ  -
  • てんてんてん  …
  • 感嘆符  !


もっと詳しいのは、Appleのサポートページで紹介されています。もう本当に精度も高いですし、声の特徴を学び、アクセントに適応していくので、使うほど、認識精度も上がって行くようです。

support.apple.com

 

私の場合は、90%以上の成功率になっています。