WEBマーケティング@武藤

インターネットマーケティングを中心にお話します。

スマートフォンやタブレットの勢いが止まりません

スマートフォンやタブレットからのサイトアクセスが多くなっています。

それに対して、ホームページも変えていなかければなりません。それはレスポンシブwebデザインという方法です。

パソコンからでもスマートフォンからでもタブレットからでも同じように見れるように作成します。

今更、スマートフォン用を作るのは得策ではありません。まして、URLを変えるようなことはGoogleからペナルティーとして検索結果から削除される場合もあります。

例は http://abc.com  というURLだとするとスマートフォン用に http://abc.com/m/ などとしてはいけません。

重複コンテンツとして、違うURLにも関わらず、サイトの内容が同じであればどちらかをGoogleは削除する可能性があります。

レスポンシブwebデザインは見せ方をかえるだけなので、パソコンで見ようが、スマートフォンで見ようが基本同じURLを見に行っているために重複コンテンツとはなりません。

Googleはなんとも不思議です。ルートドメインの
http://abc.comが削除される場合もあります。スマートフォン用の方をメインとする場合もあります。http://abc.com/m/がメインとなってしまうという現象です。

もう、こうなってしまったら、ドメインを捨てる方が復旧が早いと思います。

そうならないためには、リスクをヘッジしておかなくてはなりません。もし、駄目になったドメインがあれば、直ぐに次の用意をしておけるような対策です。

1ページ目に複数のドメインで上位表示させておくということです。

スマートフォンやタブレットがメインになったとしても、レスポンシブwebデザインはどちらでもOKなので安心です。