WEBマーケティング@武藤

インターネットマーケティングを中心にお話します。

Googleの地図にもランクが・・・

地図をすこし勉強しようと思って色々と試しています。

何気なく、アメリカの地図上ではんこと検索したところ、2件ヒットしました。

よーく見ていくとオールドドメインではんこのSEOをやっているという事がわかりました。

と面白いことがわかりましたという話でした。

f:id:masatakamuto:20130322014633j:plain


ここからが本題です。Googleにプレイスランクがあるようです。

プレイスランクとは地図とサイトがしっかりとマッチしているかということをGoogleは判断しているようです。

冒頭の説明では全くマッチしていないければ、地図上でも今後は表示されないということです。

今回のはんこという言葉でアメリカを検索したのは私くらいでしょう。多分??

サイトとマッチさせるのは比較的簡単です。サイト本文に住所などが書かれていればいいのではないかと思っています。

ただし、キーワード出現率なども見てくるのだろうと思います。

またまた、出会った今回の珍事ですので、キーワードのことについて少し


私ははんこ屋さん21のFC店に加盟しています。

全国で240店舗以上あるのだと思っています。その時にどんな検索ワードで探すかということです。

はんこ屋さん21で検索すると全国のはんこ屋さんが表示されます。ローカルキーワード(地域名)なのではんこ屋さん21では検索しても意味がない。

それを競っているかも知れませんが、このキーワードはコンバージョン(成約)しないワードです。

規模が全国です。はんこ屋を探す人はまず、自分の住んでいる地域名を最初か最後に入れるはずです。

なのではんこ屋さん21で検索されても成約しないキーワードです。

では実際にGoogleキーワードアドバイスツールで調べてみましょう。

「はんこ屋さん21」で検索する人は月間検索数が12,100回で「はんこ 札幌」は1,900回です。

数字上では1/6と低いですね。

どちらにしますか? 

正解! コンバージョンが高いのはそっちです。理解できたでしょうか?

あまり書くと本部からクレームが来るのでこのへんで・・・