WEBマーケティング@武藤

インターネットマーケティングを中心にお話します。

ビックキーワードでなくても成功するテクニック

ビックキーワードで直球で勝負しても勝ちは見込めません。

 

スモールキーワードやニッチキーワードを選んでみましょう。

 

勝てそうもない相手に向かうくらいならまずは、少し変化を加えたキーワードにしてみます。

 

「上位表示したいキーワードプラス地域名を入れたキーワード」のローカルキーワードやスモールキーワードです。

 

商品やサービスと地域名を入れることによってより絞り込みます。

 

「上位表示したいキーワードプラスオリジナルサービス」などのニッチキーワードです。

 

 

 スモールキーワードやニッチキーワードでは検索回数は少なくなりますが、競合が少なくなることから、検索エンジンからのアクセスが見込めるようになる可能性があります。

 

 

キーワード調査を出来るだけ多くすることで需要が多く供給の少ないキーワードをみつけることも可能になるでしょう。

 

 

 次に成約率を意識したWebサイトとコンテンツマッチです。中古車というキーワードは男性的なイメージがあります。

 

 

たとえば、女性向けの中古車専用Webサイトを作成するという方法です。

 

 

キーワードも「中古車 女性」というキーワードで女性のための中古車購入方法というようなサイトで女性専用のコンテンツでWebサイトを作成します。

 

 

ビックキーワードでなくても実際売る商品やサービスは同じです。キーワード選び次第で集客できて、成約できるキーワードとなります。