WEBマーケティング@武藤

インターネットマーケティングを中心にお話します。

Author Rank【オーサーランク】誰の記事かを証明する!

Author Rank(オーサーランク)は、誰のコンテンツなのかを証明する。

f:id:masatakamuto:20130819003101j:plain

Googleがページランクのように、アルゴリズムに加点されるようになるでしょう。

 

自分のサイトをGoogleに教えることでGoogleが著者として検索結果に表示されます。

 

パンダアップデートが行われてからは、コンテンツのコピーがことごとくペナルティーとされ、検索順位を大きく下げたのは記憶に新しいです。

 

Googleは2005年にAuthor Rankを特許申請していることから本気度がわかる。

 

GoogleはAという記事は誰が書いた記事なのかをAuthor Rank(オーサーランク)から判断するだろう。

 

もし、まだあなたがAuthor Rank(オーサーランク)を設定しなければ、誰かに盗まれてもGoogleは理解してくれないでしょう。

 

Author Rank(オーサーランク)を設定している人がAの記事をコピーして、自分のコンテンツとしてアップしてしまえばもう手遅れになり、あなたがペナルティーを受ける側になってしまうことがあるのです。


サイトオーナーやブログオーナーは必ず、Google+をやらなければならない。

 

Author Rank(オーサーランク)はGoogle+と紐付けされるので、まだ登録していない方は急いでGoogle+を登録してより多くの時間をGoogle+で活動しましょう。


最近では、ページランクの高いページからのリンクは少し評価を落としている傾向にああります。

 

ページランクが4だとしても、Author Rank(オーサーランク)は設定をしているサイトとしていないサイトでは、評価が違うことが多くなってきている。


上位表示は複数の要因から順位が決まっていることから、断定は出来ないがAuthor Rank(オーサーランク)は今後はページランクとともに大きな影響を与えると考えてもよいと思っています。


米国では、Google+の評価は相変わらず高く、それはAuthor Rank(オーサーランク)の存在があるからでしょう。 


Google+での投稿や+1などの指数を評価対象にしている。

 

もし、あなたがSEOに興味があるのであれば、Google+はソーシャルメディアとして外せないプラットフォームになる。

 

オフィシャルサイトとTwitterとGoogle+が米国では主流になっていくでしょう。

 

人により様々組み合わせがあるとは思いますが、facebookがこの中に含まれていないのが残念でもあります。

 

最後にどんなコンテンツを公開していくかは次のようになるでしょう。

 

読者に役に立つ記事を書いて公開し、友人や知人の投稿に対して+1をしょう。コメントは効果的な方法でもあります。

 

Googleのサービスは巨大になりました。YouTubeやGoogleマップすべて身近になくてはならないプラットフォームです。

 

Googleと仲良くなることがとても重要であることは今後も変わらないことでしょう。

 

 

f:id:masatakamuto:20130819003106j:plain

https://plus.google.com/authorship



f:id:masatakamuto:20130819003111j:plain

Author Rank(オーサーランク)の設定が完了するとウェブマスターツールで設定が正しいが確認しましょう!