WEBマーケティング@武藤

インターネットマーケティングを中心にお話します。

まだまだ客とそのうち客が大半を占めるのが見込み客です。

f:id:masatakamuto:20160411133708j:plain

 

ビジネスで、もっとも大切な部分は最初に見つけてもらい、認知してもらうことになります。大企業はテレビCM・CFなどで多額の広告費を投下してまで行う訳です。認知してもらうことは、そう簡単にはうまくいきません。大企業だって無限に広告費がある訳ではありませんからね。

 

ただ、最初に失敗をしてしまうとなかなか立ち直るのには、時間もかかり企業としては、失敗の部類に入ってしまうことが多いです。すべてが失敗とは限りません。クチコミで復活する場合も多いのは事実です。

 

マーケティングでは、この初期の失敗をしないために調査をするのが大きな役目です。

 

認知は、商品やサービスを知ってもらうことで、興味・関心をもって見込み客になってもらうことになります。しかし、多くの企業や会社では、見込み客の幅が広すぎる傾向にあります。見込み客にも数種類が存在します。

 

いますぐ客・お悩み客・そのうち客・まだまだ客と分けることをします。いますぐ客は本当に今すぐ買ってくれる人で、顧客を育てることはまったく必要がありません。そんなことをサイトで詳しく説明してみました。

 

まだまだ客には売ってはいけない。見込み客を細分化 | 札幌のSEO・SEM・SNS運用支援|WEBマーケティングコンサル

 

今必要とない人に対して、売ることは押し売りです。このことをやってしまうのが、ソーシャルメディアで多いのですね。こそこそ知っている人であれば、がんばってるな〜と応援もするでしょう。しかし、よく知らない人であれば宣伝ばっかだよね。なんてことが多いはずです。

 

最適なメディアで案内することが信頼力も上がり、説得力も上がるということになっていきます。

 

うまく活用出来ている人は、そのメディアの特性を理解して、どの時間にどの投稿を発信するのが良いのかを明確に分けています。その上手い人を定点観測していくだけでも非常に勉強になります。