WEBマーケティング@武藤

インターネットマーケティングを中心にお話します。

プロになるための最短の方法!

何事も10年やると一人前と言われていますが、10年も待てないのが本音ではないでしょうか。仕事も遊びもそうですが、没頭することで様々なケースを体験できます。この体験が経験となりスキルが高くなり、ライバルにも引けを取らないようになります。

 

しかし10年という長い年月は、そう簡単ではありません。時代は良くも悪くもインターネットを情報源として進んでいます。この状況下でソーシャルメディアやサイト活用は必須となっています。

 

でも、どうやって発信していくと良いのかわからないという方は多いのではないでしょうか。テレビなどでは、インターネットが利用されて犯罪を犯してしまう。ソーシャルメディアで炎上してしまい日々の生活ができなくなってしまう人も存在する方もいます。うまく活用しなければ、余計な心配をしなければならなくなってしまうのです。道具は使い方です。

 

たとえば、包丁はだれもが知っているとおり料理をするために使う物です。魚を切ったり、野菜を切ったりするものです。しかし、木を切る道具ではありません。切って切れないことはないでしょうが、労力と時間を考えても効率的ではないと思います。そして、包丁の使い方を間違ってしまうと大変なことになり、事件を起こしてしまう事態になりかねません。

 

ソーシャルメディアでの発信は自由です。自分の思いの丈を発信する人もいるでしょう。どんなに批判されても平気で生活できればよいのですが、businessをしている人はわざわざ敵を作ることはありません。

 

では、どのように発信していくと良いのでしょうか。10年間発信を続けてやっとプロになったとしてもそのころには、もう違うメディアが出てしまうかもしれません。であれば、その道のプロに聞くのがてっとり早いのです。もちろん、それにはお金が必要になりますが、5年・10年の蓄積と経験から教えてくれるサービスを利用するが時間を短縮できます。

 

最近では、売り売りしている投稿は避けられがちです。売りたいが全面に出でいるような投稿は誰も見てくれることもなく、友達をなくしてしまう事態にもなってしまうのです。

 

でも、売りたい!! そんな時に大きなアドバンテージになるのは、ブランディングです。ブランドが際立つと、どんなことがおこるでしょうか?

 

私も経験がありまが、セールスはしなくても買い注文や依頼が自然にやってくるのです。実はこれには、しっかりとした法則があります。さらに良いことは、自分を切り売りすることなく売上があがります。私も実店舗で店頭に立つことが多くありますが、体よく断ることも多くあります(笑)。もっとガツガツいけば、売上は上がるでしょう。でも、それって自分らしいと思わないからです。リアルとネットを融合させていくことで安定的な売上につながるでしょう。ソーシャルメディアはとても重要となります。

 

そんな情報をネット上で探していると本当に多くの情報があると思います。その中から自分にあう情報や自分が欲しいものを見つけるには、これもまた苦労します。

 

時間を短縮するためには、書籍がもっとも早いのではないかと思います。本屋に並ぶ書籍は、著者が自由なことを書いているわけではありません。その本の内容を吟味しているのが出版社です。出版社はデタラメな内容であれば、本屋に並ぶことはありません。

 

そして、安価で内容を確認できる点は大きなメリットであります。1冊高くても2000円以内で購入ができます。セミナーに参加すると10000円以上するので、書籍であれば5冊買えることになります。本の内容を吟味してから直接、セミナーに行くなど行動ができることになります。書籍を購入して、著者が開催しているセミナーに参加するのがもっとも効率的だと私は強く思います。

 

 

 

自分らしさでお客様を引き寄せる「自分ブランド」のつくり方

自分らしさでお客様を引き寄せる「自分ブランド」のつくり方

 

 

そんな融合された内容の本が発売されています。内容は、どんな状況でも理想のお客様を引き寄せられる「ブランド」になるためのノウハウが、SNS面、マインド面の両方から書かれていることです。

 

考え方も大事ですが、考え方だけではブランドにはなれません。理由はコンセプトやマインド面が整っていないのに、取りあえずSNSで発信をしてもブランドにはなれません。

 

内側と外側両面をバランス良くブランディングしていくことが大事です! 是非、手にとってみてはいかがてしょうか?

 

今日までキャンペーンを開催しているので、確認してみて下さい!

http://www.holonic.net/2018/04/15/shuppanmatsuri/