読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

WEBマーケティング@武藤

インターネットマーケティングを中心にお話します。

なぜSEOが必要なのか? 3つのこと。

f:id:masatakamuto:20151015121350j:plain

 

まだまだありますが、大きく分けるとこの3つになっています。

 

どうしてもこのWebの世界に入りたくて仕事をしているわけではありませんでした。自分の仕事に必要になったので勉強を始めたのがキッカケです。

 

どんな仕事でも奥が深いですが、Webの世界は更に様々な外的要因があります。たとえば、GoogleやYahoo!です。その考え方を理解するまでにも時間がかかりました。

 

WebサイトのSEOに資金を投入したからといって上位表示が可能ではない点に気付きました。これは私のようなスモールビジネスにとってとても魅力的だったのです。

 

知恵を絞れば、大企業にも勝つことができるからです。

 

そのことを知った時からWebについて日々考えるようになりました。そして、それが成果となって出版までさせていただくようにもなったのです。

 

 

相手のことを徹底的に考える

必ず相手(検索者やお客様)がどんな思いで検索して来るのかを細かく分析が必要となります。アクセス解析は本当に素晴らしいツールです。

 

お客様に聞けばいいと思うかも知れませんが、相手は知り合いばかりではありませんし、本当のことを言ってくれる方はまれだと思っています。

 

私自身、アンケートに本当のことを書くことがないからです。日本人だからでしょうか? 本当のことをいうことが良い場合もありますが、言うことでわざわざこちらから関係性を崩す必要がないからだと思っています。誰だって耳の痛いことは聞きたくないですもんね。

 

嫌なら行かなければいい。買わなければいいという結論です。

 

これはリアルの場合ですが、ネットの場合はそうはいきません。相手がどんなキーワードでサイトまでやってきたのか? どのくらいの時間サイトにいたのか? 資料請求はしたのか? 購入までいったか? このすべてが数字となって現れます。

 

その結果をみて凹む場合もあります(笑)。 しかし、これが本当の結果ということです。どんなに素敵なサイトにしようとも買うか買わないかがすべてです。

 

相手がどんな気持ちで買わなかったのかを推測して、改善をしていくことになります。その改善は時には、間違った方向へ進んでいる場合もあります。アクセス解析はこうすることが正解ということは教えてくれません。たぶんこうだろうと予測するのです。

 

こんなキーワードで来訪してくれているということは、どんな情報が必要なのか? どんなことに悩んでいるのかを推測するのです。

 

この改善には方法があります。1箇所だけを変更して様子をみるということです。ビジネスにおいて時間はもっとも大切な要素ですが、ここで焦ってはいけないのです。複数箇所を変更した結果、上がる場合も下がる場合もあります。複数箇所を変更するとどこがニーズに答えているのか分からないことになってしまいます。

 

なので、1箇所だけを変更するということになります。ただし、経験を積むと一発でここだ! という箇所を見つけることができるようになります。その1箇所を改善するだけでまるで違う成果になります。極端な例は1文字でも違うということです。

 

それだけシビアな世界がWebなのです。だから、面白くって仕方ないのです。

 

 

明確な成果が数字でわかる

アクセス解析では何人の訪問者がやってきて、買ったのか買わなかったのかが明確にわかります。100人来て、1人が買ってくれた。成約率は1%となります。

 

この数字を100%にするため日々改善を行なっています。本来は無理な話ですが・・

 

でも、このくらいの気持ちはいつも持って改善を重ねております。実際には私の個人的な平均目標は7%としています。

 

軽くオーバーしているWebサイトもありますが、1%を下回っているサイトもまだまだあります。成約率という点からはこれが今の現状です。

 

早く、単体のサイトを3%まで押し上げることが私の使命だと思っています。

 

 

お客様に喜ばれる

Webサイトで3%を達成することができれば、確実にお客様もWebサイトからの評価が格段に上がります。1%でも喜ばれる場合はあります。受注単価が高い場合です。

 

私は月額5万円を頂戴しています。5万円の利益がなければお客様は持ち出しという形になります。Webサイトからの受注で利益が1件当たり、3,000円の場合であれば、17件以上の受注がなければ赤字ということです。1%でいうと1700件となります。1日57件のアクセスがあれば良いという計算です。

 

単価の高い場合は、1件の成約でも赤字でないことがあります。100万円や300万円の受注では毎月1件あれば、Webサイトが十分に働いていることになります。

 

サイトの特徴は、誰しもが思う24時間働いてくれるということです。相手(お客様)の好きな時間に問い合わせができる。こちらが対応しなくても閲覧してくれる。いゃ~素晴らしいですよね。今の生活では当たり前ですけど(笑)

  

私の作業は裏方さん的な役割です。もしくは案内人です。買いたいお客様をあなたの前に連れてくるのが仕事です。喜んでくれる方がいるので仕事もとても楽しいです。