デュアルライフよりWEB情報を発信中【武藤正隆】

YouTube・WEB情報ついてお話します。

コークオン パス(Coke ON Pass)がはじまりました。先着10万名限定です。サブスクリプションが浸透してきましたね。

これだけ商品が世の中にあふれている時代にどうやって商品を選んでいくのでしょうか?

 


www.youtube.com

 

自分が前からずっと好きだったメーカーのもの、友達が使っていて紹介していたもの、広告を見たもの、だれかのSNSで見たもの、CMでやっていたもの、SiteやYouTubeでみたものなど様々な形で商品を知ることになっています。

 

 

一昔とは、商品を認知する手段がガラッとわかりました。商品自体も、買い方が変わっています。

 

 

私がもっとも注目する今後の販売方法は、なんて言ったてサブスクリプションです。平たく言えば、月額制です。月額制は昔からある支払い方法でありますよね。新聞購読や習い事などは月謝制です。

 

 

 

昔からある制度なのに、私自身もそうですが日本人的にはなかなか受け要られづらい仕組みだと思っていました。私が嫌だなと思ったのは、画像編集や印刷業務に必需品なソフトがAdobeの製品でした。そもそも高額なソフトで一度買ってしまうとアップデートという形で古いバージョンでも使えるソフトでしたので、それがいまはAdobeクリエイティブクラウドという形で月額支払いでも年間払いでも使用でき、いつでも最新状態でアップデートされていくというものです。

 

 

始めは、なんか「いやだな〜」高いな〜と思っていたのですが、使い勝手はとても良くていまではなくてはならないサブスクリプションの一つです。

 

 

デジタル系はとてもサブスクリプションとの相性が良いのですが、音楽の聴き放題や動画見放題、雑誌や本の読み放題などもう世の中にあふれています。しかし、リアル店舗などではサブスクリプションの導入が難しいと思われています。でも、最近はリアル店舗でもサブスクリプションの話しが多くなっています。

 

 

コーヒーショップや美容室、洋服やアクセサリー、クリーニング、おもちゃなどどんどん幅が広くなっています。居酒屋、焼き肉店。人気がありすぎて失敗しましたが牛角のサブスクリプションも企画を練り直して再登場するのではないかと思っています。

 

 

どんなリアル店舗でも考えて企画するとうまくいくように感じています。

 

2021年4月12日から新しいサブスクリプションがスタートしました。毎月定額2700円で1日1本、好きなコカコーラ製品の自動販売機「Coke ON Pass」(コークオン パス)がはじまりました。ただし、先着10万人が対象です。

 

 

さらに、5月31日までは、コークオンパスが月額2700円が半額の1350円で始まっています。先着10万人なので通勤や通学で立ち寄る場合はとても便利ですよね。150円のドリンクで4500円ですからね。それが2700円でも安いと思いますけど、更に安いですからお試しでも、価値は高いと思います。

f:id:masatakamuto:20210414001851j:plain

 

日付が変わったので、早速申し込んでみました。

支払い方法をApplePayを使うことをおすすめします。理由は自動的に更新にならないので、解約する際に余分な費用がかかりません。通知をオンにしておくとお知らせが来ます。そのたびに更新をしなくてはなりませんけどね。

 

いま、Coke ONを使っている方は「スタンプ」は付きません。

この記事を書いているのは、深夜なので明日、購入してこうようと思います。

 

リアルなデュアルライフを10ヶ月たって思うこと!

f:id:masatakamuto:20210410070318p:plain

田舎暮らしを30代から考えていたのです。50代になって各地に物件がないかを暇があれば物件情報を見ていました。実際に買付を入れた物件もあるのですが、折り合いがつかず購入は断念した経緯もあります。

 

希望として考えていた条件は札幌よりアクセスが良いこと、高速道路のインターが近くにある。できれば海が近い方が良い、町の規模などはあまり考えていなかったです。インターネットが快適に使えることは最低限の条件ではありました。

 

昔から決めていたことは55歳では第一線からは退くことを目標にしていました。それまでにやらなければならないことを55歳までには終わらせておくことが40代の目的でもありました。

 

50歳を目前に、一つ大きな行動にでました。それは、いままで売上も良かった店舗の売却です。一時は最大で4店舗あった店舗は、統廃合や売約へ閉鎖を20年間で行っており、最後はスタートした店舗とその次にオープンした店舗は、私自身が立ち上げた思い入れの強い店舗でした。

 

その一つを売却したのが、3年前です。今も順調にいっているようです。売却と言ってもそう簡単なことではなく、根回しに2年かかりようやく売却したという経緯があります。

 

そして、ちょうど世界を震わす感染症が勃発した年の6月に最後の店舗を譲渡しました。なので昨年ということになります。譲渡の話しは感染症が始まる前から行っていたので、感染症化の中でもスムーズには行うことができたと思います。細かいことを言うとどちらも色々とあったのですけどね(笑)。

 

そんなことをしながら、楽しめながら住める場所はないかなとずっと探していました。いいなと思ったら、実際に足を運んで実物や周りの状況をみてまわりました。10件以上は回りました。

 

私の趣味としてアウトドアが好きで、キャンプや釣りを休日はしていました。キャンプは真冬や正月も行くほどのキャンプバカでもありました。釣りは時期により釣れる魚も違うので、海のちかくに家があれば良いなとも思っていました。

 

数件回った物件のうち、今住んでいる物件も見ていたのですが考えているより規模がでかいので見送っていて、いつの日が売り情報から姿を消してしましたので、売れたんだと思って半年が過ぎたところで売り情報を見ていたところ、また新たに売り出している案内をみたのです。

 

それも以前の価格より下がった値段でした。これは「買うしかない」ともう一度自分の目で確認しょうと車を走らせました。実際にご近所さんに話しをしてみることもとても大事なことです。隣地とのトラブルなども多い昨今ですから、とわいえ田舎なのでしっかりと話しをするとわかってもらえることが多いような気がします。

 

数日間考えて、買付をいれました。もちろん、交渉もいたしました。相手も快諾で話しが進むと「自分の心の中」で大丈夫かという気持ちも少なからずありましたが、価格も軽自動車一台と考えるようになってからはそんな不安はなくなりました。

 

住み始めてから10ヶ月が経とうとしていますが、とても住心地がよく。田舎に来て良かったと思っております。まず、コンビニが近くにはないのでいままで立ち寄っていたことで無駄なお金をまったく使わなくなった点があります。使わなくても普通に生活が楽しめているのは、驚きでもあります。

 

家の裏から海(漁港)は50歩という近さです。夏になれば、朝ごはんのおかずに刺し身が欲しいとなればすぐに調達もできます。春はホッケやカレイ、秋になれば鮭が普通に釣れる漁港なので釣り好きの私にとってはとても良いフィールドとなっています。

 

いままで、釣りにいくとなれば数日前から準備して、さぁ〜出発という流れが、ちょっと天気が良さそうだし、潮も良さそうなんで釣り行こう! そんな気軽にいけるのはとても幸せです。

 

ネットの環境は以前、IPv4で混雑時には速度も遅かったのですが、IPv6にしてからは爆速でとても快適なネットライフでもあります。十分な速度も確保できて満足していますし、今年夏までにはモバイルも楽天回線になるようなので安価で通信環境が出来上がるとは思います。

 

地元の人たちとの交流も増えてきました。趣味の釣りが功を奏して共通の話題で盛り上がって話しをする機会があったのが、時間が短縮した感じがします。

 

田舎暮らしをする時にもっとも懸念することは、「都会からよそ者が来た」と思われることではないでしょうか。やっぱりそもそもが保守的なのが田舎です。大げさに言うと1対町民となります。心から歓迎してくれていると思われる人もいますけど、そうではない人もいるでしょう。

 

私は会う人のすべてが初対面です。釣り場で人の名前も聞くこともありましませんよね。何度か海であった上でやっと名前が聞けて覚えるのも大変です。相手からすると一人ですけど、こっちは多すぎます(笑)。

 

噂が噂を呼ぶなんてこともあるでしょうしね。これは私はわかりませんが、自分らしくが良いのではないかなと思います。人間の世界なので、都会や田舎の堺はありません。でも、普通にしていれば良いと思いますし、飾ったところであとからバレる方がよっぽど悪いと思います。

 

いま、こうやって田舎に来て、多くの人が「損」をしているなと思う点があります。それは、情報が届いていないことです。私もインターネットの世界に身をおいているものなので、地域差というのはとても感じております。

 

たとえば、アメリカで流行り出したことは、いずれ東京にやってきます。この時の時間差は2年くらいで、東京から札幌はこの2年からさらに2年という流れがありました。短縮して来たとはいえこの現象はまだまだ解消はされていません。田舎ならなおさらのことさらに2年となり東京の最新情報が4年かかるというのが現状です。

 

感染症化なのでこの時間差は、良いか悪いかわかりませんけど短縮になっているとは思います。

 

私の役目は、良質な情報を供給して得はできないかも知れませんが、損をさせないようにして行きたいと思っています。情報弱者はどうしても「カモられる」傾向が強いですから、実際に様々なことを聞きました。それが普通に思ってしまっていることが大きな「損」になっています。

 

時間はかかるかも知れませんが、そんな思いも田舎に来て思っています。

ビジネスにおいて言い方を変えるだけで効果がまったく違う【フレーミング効果】

フレーミング効果って、ご存知ですか? 街のいたるところでよく見ているばすです。結果はすべて同じなのに、なぜ人はそちらの方をすごいと感じるのでしょう。

 

 

 

 

難しい言葉でいうと「非合理的な判断」と言われます。結果はどちらも同じなのにすごい・こっちがお得と感じるのでしょうか。少し冷静になって計算すると同じなんです。

 

 

街にある居酒屋さんで全品20%OFFと5組様のうち1組すべて無料では、どちらがお得なのでしょうか。どちらも同じですよね。でも、5組の内4組は普通の金額となるので4組は20%を損してしまうのです。でも、5組のうち1組とならば損を考えずこちらを選ぶのではないでしょうか?

 

 

居酒屋さんにとってはどちらでも良いわけです。結果、売上は変わりませんからね。ちょっと計算して、10組に1組無料とした場合は、10%OFFになります。10%OFFでは、ちょっとインパクトに欠けるので10組に1組完全無料ってすると多くの人は、もしかしたらと入店する可能性が上がるのだと思います。

 

 

PayPayがよくやっているのがこのパターンです。10人に1人の場合は10%OFFで20人に1人の場合は5%OFFってことですね。普通に考えるとそれほどお得ではないのですけどね。

 

 

角度を変える、言葉をかえるだけで印象はまったく違って聞こえるのです。お店側はどっちらでも同じなのでより人が多く来店する方が良いわけです。

 

 

その言葉に乗せられているわけではないのですが、もしかしたらと思うのが人情だと思いますし、実際私もPayPayキャンペーンではそう思いました。でも、当選がどうなっているのかは、はっきりとして欲しいという要望はあります。

 

 

 

フレーミング効果は他にも色々とあり、心理学を使うマーケティング要素ともなっています。けっして嘘はいけませんが、数字を分解したり小さくしたりと工夫するのが多いです。

 

 

 

早い話、ものは言いようということです。商売上手とはまさにこのことで、人に伝えることをどちらで言うかで人びとの行動は変わってくる心理学を知ることはビジネスにおいてとても重要な点でもありますし、もしあなたがお店を始める場合にも使えます。街でこのような表現があればじっくり考えて、実際はどうだろうと考えてみるのも大変面白いのではないかと思います。

 

 

 

いまは、そう外出ができないので、WEBサイトを多くみるだけでも勉強になります。ランディングページと言われる申し込みページをじっくりみるだけでも、良いページかあまりよくないページかも判断できるようになると思います。

 

f:id:masatakamuto:20210404063610j:plain