【武藤正隆】WEB・SNS・ガジェット情報

YouTube・WEB情報ついてお話します。

クラウド会計を導入してみました。

前任の税理士さんが前期で契約が終了して、今期から新しい税理士さんになります。期限が決まっていたので、スムーズに移行が進むかと思っていたのですけどなかなかうまく行かないようで手こずっています。

 

9月締めで決算をしなければなりません。その準備を行っているのですけど、前任者は今思えばキッチリとはやっていなかったようです。安くやってもらっていた事もあったのかも知れません。39年間やってもらっていたので、あまり疑うこともなく引き継いでいました。

 

決算は1年の大切な締めですし、来季どのように改善をしていくかを判断する材料にもなります。でも、多く変動することはないので改善の選択肢はそれほどないです。不動産なので修繕や故障を事前に察知することや万一の故障をどのようにバックアップしていくかという点くらいです。

 

建物は定期的に手をいれておかなければ、早くサイクルで修繕をしなければなりません。屋根や壁は一番劣化が激しい部分なのでよく見ておかなくてはなりませんが、長期の修繕計画をおこうような資金計画を建てなければなりません。

 

一つ修繕工事を行うと関連する部分も気になってしまいます。計画をしっかりと守るようにしなくてはなりません。ただ、一つひとつ工事は大きな費用もかかるのでその場しのぎでは結果後からもっと費用がかかることになります。

 

なので、決算はどの程度修繕費を使ったのか、大規模修繕にはどの程度予算をかけることができるのかなどを図るには、とても重要な仕事です。

 

今回、税理士がわかることで私自身も新しいことにチャレンジしようと思っています。いままでは帳簿などはすべておまかせでした。それを自ら帳簿をつけることをやってみることにしようと思っています。

 

クラウドサービスを使った会計を使うことでリアルタイムに税理士とも同じものを見ながら判断ができます。間違ったことをすぐに反映することもできるので安心感もあります。帳簿も別料金のサービスを使うと使った領収書をスマホのカメラで送信するとプロが帳簿を入力してもらうサービスもあります。

 

1枚、確か130円と有料にはなるのですが、ある程度入力をしてもらうことで同じような費用はAIが判断してくれて帳簿が出来上がるという優れものです。半年以上を入力サービスを利用すると土台ができるのではないかと思っています。

 

この思いがうまくいけば、決算もやろう思えば自分でもできるようになるのではと思っています。決算だけ税理士さんに点検してもらうことも可能になるばすです。このクラウドサービスはその点も大きアピールしているので不可能ではないと思います。

 

そのサービスはマネーフォワードクラウドというサービスです。

まだ、使い始めたばかりなのですが、しっくりくる使い勝手でした。23年くらい社長業をやっているので仕分けはだいたいわかります。

 

ネット銀行やクレジットカードも登録が終わると自動で帳簿に上がってきます。後は仕分けをしるだけです。入金もネット銀行にするとすべてが完結してしまうように思います。いずれは、ネット銀行にしていこうとは思っていますが、まずは様子見というところです。

 

小規模事業者なら年間、37000円で決算までできたら嬉しいですよね。チャレンジして見ます。

 

この夏からマグロフィッシングを始めたいと思っています。

最近、人気急上昇のマグロフィッシングです。知り合いはもう5年前からチャレンジしており、情報量が半端ないので色々と教えてもらいながらチャレンジしていこうと思っています。

 

北海道でマグロといえば、津軽海峡をすぐに思い出すのではないでしょうか? お正月の初競りで数億円というマグロを聞いたことがあると思います。初競りに出すマグロ漁師のテレビも視聴率も良いので、毎年番組が放送されています。

 

日本近海にいるマグロは日本の回りを回遊しています。九州の南の方で産卵し、日本海側を北上して、戻っていくものや太平洋側に行くものと分かれるようです。時期的に正月付近は、津軽海峡にいることが多いとされています。函館はイカのまちとも言われる通り、付近ではイカが多く捕れます。

 

このイカがマグロの餌となり、津軽海峡をイカを求めて回遊しております。ただ、最近はイカがあまりいなくなってしまっています。温暖化の影響もあるのかも知れませんが、生息域がわかってきたのかもしれません。

 

そのためか、いままで津軽海峡周辺で回遊していたマグロが北上してきています。日本海側の積丹沖で数年前から目撃されて実際に釣果も上がっております。漁師の方にもちょっと話を聞いたのですが、以前よりマグロは積丹沖にいたようです。年に2本程度は網にかかることがあったと言ってました。

 

ただ、釣るという想像はなかったようでここ2年で急に積丹でのマグロ釣りが盛んになってきました。夏は7月下旬からスタートになり、海水温が21度が目安のようです。

 

釣りの知識の準備はある程度整ったので、タックル選びをはじめました。

 

津軽海峡のタックルを揃えるとリールの価格が倍近くになるので、積丹タックルで行こうと考えてタックルを紹介していきます。

 

最近は3ピースが発売されており、マグロ用も3ピースが今年発売になったので購入をきめました。キャスティングにしては少し長い感じはしますけど、昨日キャスティング練習をしたのですが、まずまずの感じなので実釣してどれが合うかを考えたいと思っています。

 

続いて、リールです。リールはこちらにしました。

 

後は、ルアーは各種色々と揃えて行きたいと思っています。

 

細かいものとしてはラインやリーダーやギンバル、グローブなどなど揃えていくと、総額20万円くらいにはなってしまいます。もっとマグロ釣りにハマれば、もうワンセットタックルが欲しくなるはずです。次は津軽海峡でも行けるタックルチョイスにしようと考えているので、リールだけで10万円と高額になってしまいます。

 

陸からはつることが出来ないと思われるので、大抵は船でつることになります。遊漁船の料金は、1日で15000円程度となるはずです。

 

いづれにしても、大人の遊びですね。ゴルフに近いものがあるかなと思っています。

 

釣りの情報は、釣れたら報告したいと思いますが、報告がなければ釣れなかった思ってください。

f:id:masatakamuto:20210705013119j:plain

 

街中のフリーWi-Fiは危険がいっぱいですよ。

いまの時代、公共施設や飲食店など宿泊した先の宿でのWi-Fiはお得と感じてしまって安易に接続するのはとても危険な行為でもあります。すべてが危ない訳ではないですけど、注意しておかなければなりません。

 

けっして、ドラマの世界の話ではありませんよ。暗号化されていないフリーWi-Fiは最悪の状態になります。相手に悪意があれば盗聴・スマホの中身を覗き見されてしまう場合もあります。

 

 

仕掛けられやすいのはホテルでのWi-Fi接続です。ホテルでは多くの人、不特定多数がアクセスをします。そして、接続する画面は初めて見る画面が多いので、ホテル指定のパスワードを簡単に入れてしまうのが普通となります。ここに穴があります。あたかもホテルのWi-Fiに繋がっていても、それが実は仕掛けられた罠ということがあります。

 

 

犯罪者はもう、あなたのスマホを自由に覗ける状態になっているのです。けっして脅かしているわけではありません。実際にそのように盗まれているのです。

 

 

ここからは自分でそれを防御しなくてはなりません。まずは、気軽にフリーWi-Fiは繋いではいけないということです。でもどうしても繋ぎたい、繋がげなくてはならない。という場合があると思います。

 

 

そんな時に役立つのが「VPNアプリ」です。

 

 

完璧とはいえませんが、通常のフリーWi-Fiにつなぐ場合より格段にセキュリティがアップします。簡単に言うとフリーWi-Fiに接続しているのに、まるで専用回線で接続しているようにふるまう機能です。iPhoneとフリーWi-Fiが暗号化されて通信をするのでセキュリティがアップするのです。

 

f:id:masatakamuto:20210502000818j:plain

 

 

私は外出時にWi-Fiにつなぐ場合は、このアプリの必ず使います。でも、完璧ではありません。

 

 

スマホの中には、様々な情報が入っていますよね。カード情報やパスワードも入っている場合もあるでしょう。基本的にフリーWi-FIには接続しないことがもっとも安全だとは思います。