WEBマーケティング@武藤

インターネットマーケティングを中心にお話します。

DJI OSMO POCKETでPOV計画を妄想する!

f:id:masatakamuto:20190111073146j:plain動画は下記でみることができます。

 

POVとは、日本では視点ショットカメラの視線と登場人物の視線を一致させるようなカメラワークとなっています。

ただ大きなカメラやSONYのアクションカムだと相当目立つ(笑)。本人が思っている以上に周りは見てないはずですがやっぱり気になる。

 

今回は、OSMO POCKETだと目立たくなる可能性がとても高いので、チャレンジしてみようと思っています。

千歳空港が閉鎖した時、何をする北海道を脱出する方法!

f:id:masatakamuto:20190111072514p:plain

冬場の千歳空港は、ちょいちょい閉鎖になってしまいます。冬のシーズンに数回あります。2月は受験シーズンでもあります。何が何でも津軽海峡を渡らなければなりません。

最も良いのは空路ではなく、陸路を選択するのがベターです。時間は比較的かかってしまいますが、空路よりは安定しています。このチョイスは北海道新幹線が完成したことでもあります。

 

今回、2019年1月5日からの千歳空港の混雑は、どうして起こってしまったのでしょう。まずは、振替便の話です。振替便とは、天候不良などの不可抗力で欠航してしまった場合は、同一区間で同一クラスに変更することができます。LCCは他社便に振替はできないですが、大手と言われる航空会社は他社便にも振替が可能な場合があります。

 

しかし、振替といっても空席がある場合です。更に、振替便に空席があったとしてもその方のステータスによっては後になってしまう場合がほとんどです。

 

詳しくは、動画でも説明しています。

 

北海道を脱出する方法は陸路で本州に渡ることです。青森まで移動ができれば、九州までも行けることになります。新幹線を利用することで東京はもちろんのこと大阪、福岡までは時間こそかかりますが、安定して移動が可能です。

 

その日に東京までにいくには、午後3時までには決断しなければなりません。もちろん、新幹線の空席があった場合です。千歳空港の隣の駅、南千歳から新函館北斗までをスーパー北斗で移動です。新函館北斗から東京までは「はやぶさ」になります。


千歳空港が欠航した場合に北海道を脱出する手段

YouTubeより気軽にできるPodcast

今週のお題「リラックス」

最近はめっきりPodcastに取り組んでいます。なかなか音声の調整がうまくいっていません(笑)。録音環境が最悪なのです。それは動いている車の中で録音しているからなのですが、なんとかうまくいかないかと悪戦苦闘しているのです。

 

f:id:masatakamuto:20181031234900p:plain

 

簡単に環境を変えると良いとはわかっているのですが、せっかくの空いている時間なのでうまく使いたいのです。運転中にカメラを固定してYouTubeをライブ配信したこともありました。カメラを固定しながら撮影してダダ漏れ状態で放送するスタイルは私にはちょっと合わないかなと思ったのです。

 

 

でも、運転中特に渋滞中はもったいといつも思っています。その運転している時に24時間の出来事や今注目していることを音声で伝えるには、Podcastが最適と思っているのです。運転中であれば手や顔は運転には不可欠ですが、口は結構暇しているのです。

 

 

そんな思いから車内Podcastをしているのです。ただ、音はなかなかひどいものでした。頻繁に更新するようになり、音問題の解決は不可欠なのです。聴きやすい状態にすることは配信者の義務でもありますからね。

 

 

でも、運転中は、様々な音がします。ウィンカーや時報、タイヤが路面と接触することで発生する音はかなりのノイズになってしまいます。

 

 

ここで音質を安定させるには、音源を編集することになります。その編集方法はAdobeAudition(アドビ オーディション)という音声を扱うソフトです。Adobeを使っている方も知らない方が多いくらいメジャーではありません。

 

 

音声をミキシングやマルチ音声を作ったりなど音声に特化したソフトなんです。Appleの純正だとGarageBandというアプリもありますが、編集アプリというか、どちらかというと音源を作り出すアプリです。でも、音声編集もできますが、iPhoneではできないかと思います。

 

 

iPadでは可能で、Macでも可能でした。でも、一般的に音源を編集する場合は、エアコンの音などのノイズを除去したり、音を増幅させたりするのが、目的の一つでもあります。もちろん、音が小さければある程度までは大きくすることは可能なのですが、大きくするには限界があります、音を小さくすることはとても簡単です。音を調整するにはある程度の経験が必要となるわけです。

 

 

今の目標は毎日Podcastを更新していくことがいまの目標です。

 

 

一度でも良いので是非、一度遊びに来てくださいね。おまちしてますから…