WEBマーケティング@武藤

インターネットマーケティングを中心にお話します。

YouTubeのモザイク機能!

f:id:masatakamuto:20180716212202p:image

 

VBLOGを作っていると色々と不都合が出てきます。どんな不都合でしょうか?

 

 

まず、VBLOGって何?  と思われた方もいるかと思います。ブログは基本的に文字が中心となるコンテンツですが、メインのコンテンツが動画となるのがVBLOGとなります。簡単にビデオ日記です。そう言えって感じですけどね。

 

 

日記となるので、今日の出来事や昨日の反省なども含めてもよいのだと思います。ただ、どうしてもクリアしなくてはならないことがあります。VBLOGでは日々の出来事なので、買い物や散歩など屋外で撮る機会も多くなります。

 

 

時には、街中を歩くときにも動画を回すことがあります。街中なのでどうしても他人の顔が撮影されてしまうこともあるので、勝手に他人を撮影することはNGです。それがわかるとどうしても、他人が入り込まないようにカメラを大きく振ってしまい、映像としてもとても見づらい動画になってしまいます。

 

 

どうしても撮りたい場合は、編集で加工もできるので映り込みを承知の上撮影し、編集するという段取りになるのですが、これが大変な作業になるわけです。私は、いつも1秒間に30コマ撮る設定になっています。この一コマにモザイクをかけていくことになります。

 

 

ある程度、モザイクが大きくなっても良いと思うなら作業は半減してますが、どうしてもこだわりの映像を見せたいとなれば、1コマ、1コマにたいしてモザイクをしていかなければなりません。

 

 

さらに、編集ソフトも高額のソフトでなければ細かい修正などができないので購入しなければならなくなります。そして、使い方を覚えてモザイクをかけることになるので、すぐには動画は完成しません。

 

 

ですが、ですがYouTubeの編集画面をご覧ください。

 

 

クリエーターツールから動画の編集に進み、動画加工ツールのぼかし効果に「顔のぼかし処理」という顔を認識して、YouTube側で自動でぼかしをかけてくれる機能があります。前々からある機能で知らない方も多くいるのでないかと思うのですが、精度が高くなってきています。

 

 

これからもっと精度があがるとよいのです。まだまだ完璧ではありませんが十分実用できるレベルになっています。

f:id:masatakamuto:20180717062722p:plain

 

文字から動画や音声にシフトしている時代ですので、あなたも準備を開始した方が良いかも知れません。そして、ライバルに一歩も二歩も先をいきましょう!

 

最初は本当にiPhoneだけで十分ですから。

Apple先生? だぁ〜れのこと。

 

影ではそう呼ばれているらしい(笑)。でも、正確にはApple信者なだけである。でも、何がなんでもAppleと言っている訳ではありませんよ。

 

Macの良い部分が単純に使いやすいし、操作が簡単というのがApple押しの理由なんです。それとソフトやアプリが低額で利用できる点はPCにはありません。アップデートにしてもPCは50分かかっているそうですね。

 

とはいえ、会社はPCなんでイラつくこともよくあります。スクロールが反対とかインストールが面倒とか、両方とも使っているからこそMacが優れている点が多くあります。

 

最大の問題が、ソフトなどがPC用が圧倒的に多いからです。うちもPC版用のイラレだったのでどうしてもPCになってしまっていましたが、秋には会社全体でクリエイティブクラウドに変更しようと考えているのでPCにこだわることがなくなります。

 

PCでも、MacでもAdobeはOSを選びませんので選択肢が多くなったと思います。

 

 

ビジネスの定番である、エクセル、ワードもMac版はあるので安心してください!

 

あと考えられるのが会計ソフトですかね。そのくらいしか思いつかないのですけどね。最大の問題は若い方がパソコン使わない論で、もうこうなったらお手上げです。

 

毎日、Siriに話かけるようにしています。どんどん賢くなってくれれば良いと思うのですが、もっとも不満に思っているのはAppleのマップですね。とにかく、駄目(笑)。

 

Apple Watchからの電話やメッセージ機能も良く使っています。以外に便利で音声入力ができるのでなれれば、とても便利に使っています。でも、流石に街中で使うことは控えています。恥ずかしいですからね。街で歩いていても誰も見ていないのは理解しているのですけど・・・。

 

f:id:masatakamuto:20180706012901j:plain

WindowsPCでもKeynoteを使う方法。

その方法はずばり、iCloudでログインするとKeynoteが利用できます。iPhoneがあればAppleIDがあるはずなので、WindowsPCでログインが可能です。ログイン状態でKeynoteが使えます。

 

アプリがダウンロードできるわけではないので、あくまでログイン状態という縛りはありますが、Keynoteの使用感をWindowsPCユーザーに実感させることはAppleの戦略はエグいですね。

 

その証拠にiWorkと言われていた、Pages、Numbers、Keynoteが利用可能です。MicrosoftのOffice系Word、Excel、PowerPointに対抗するソフトですよね。

 

 

丁寧に説明してくれている友達がいますので、ぜひご覧ください。



KeynoteとiMovieで作ったオープニング

 

こんなショートムービーが作れます。使い方は動画のイントロやアウトロにも使えそうだと思います。

 

iMovieもiPhoneであれば使用できますので、Keynoteで書き出してiPhoneで編集という作業になります。