WEBマーケティング@武藤

インターネットマーケティングを中心にお話します。

台風と地震で自分で身を守る必要があります。

台風21号が札幌を強風域の中に入って、管理している物件の物置が倒れたと連絡が入り、風と横殴り雨の中撤収しました。

 

f:id:masatakamuto:20180909203226p:plain

 

とはいえ、北海道に上陸した時には975hPaと勢力は弱くなっていました。この台風は発生時には確か、915hPaと非常強い勢力で発生してました。世界各国で台風の進路を予想しているのですが、今回はすべて日本を横断する予想で確実に北海道までやってくるなとは思っていました。

 

そのために、上陸した9月5日は定時の閉店と同時に早急に自宅にかえるように社員に指示をして、風で飛ばされるようなものは撤収して一応の対策はしておきました。

 

ただ、975hPaと侮っていました。風が予想以上に強く物置が倒れていると報告がきたので、すぐ現地に行きもう飛ばされないように対策をしました。この時間は深夜2:30分でした。今回の件はとても勉強となったので、風が来ても飛ばされないようにアンカーを打って対策しようと思っていました。

 

 

そんな時に少し前に紹介されていた。本をキンドルで読んでいました。良い本で役立つことも多くあったので、もし興味があれば読んでおいて損はないと思います。 

自衛隊防災BOOK

自衛隊防災BOOK

  • 作者: マガジンハウス,自衛隊/防衛省協力
  • 出版社/メーカー: マガジンハウス
  • 発売日: 2018/08/09
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

 

北海道は大きな地震といっても予測されているのは、根室沖地震で海溝型地震となっており、大型がいつ来てもおかしくないと発表されています。釧路では内陸部分の数十キロ津波がやってくるといわれています。地元の人に聞くと半ばあきらめている人もいるくらいですが、口が酸っぱくなるほどすぐに高い所に避難してと言っております。

 

ですが、9月6日の早朝には胆振地方を震源とする北海道胆振東部地震が発生しました。地震の種類は活断層によって起きる地震で、直下型地震で海溝型地震よりも威力は低いのですが、地盤によっては相当なダメージを受けることになります。

 

今回の地震の大きさを表す、単位の一つとしてガルは1504と熊本地震と同等の数字です。熊本は1508でした。震度は地盤にも関係するので震源から近い所は、7と6+となっています。東北地方太平洋沖地震では2933.7ガルでしたので海溝型地震の方が威力が大きくなります。

 

ですが、1504ガルといっても相当な勢いの速度で揺れます。

 

当日は深夜の3時8分は以前だったらもうしかしたら、起きている時間だっかかもしれませんが、いまはもっとも深い睡眠をしている時間でした。いきなりの揺れで飛び起きました。まずは、なにを差し置いても水槽を抑えにいきました。その後地震速報があの忌まわしい音で警報がなりました。

 

私の体感では、10秒くらいで揺れは収まりました。この時は震源地は胆振だとテレビで確認しました。その後、3時30分くらいで停電。すぐに水の確保を実施しました。次の確保は電源の確保ですが、私の車はPHEVなので車のエンジンがかかることを確認したので、ねることにしました。

 

f:id:masatakamuto:20180909221723p:plainf:id:masatakamuto:20180909221819p:plain

f:id:masatakamuto:20180909221856p:plainf:id:masatakamuto:20180909221923p:plain


常時、災害速報がきていました。

 

今回の停電では、ブラックアウトという発電所が自ら電源をシャットダウンするようになっているらしく供給バランスが崩れると自動的になるようですね。これにより北海道の547万人に住んでいる290万戸が停電となりました。

 

この地震によっての北海道の危機管理がまだまだ意識が低すぎると考えています。北電は、泊原発での外部電源を喪失してしまったことです。冷却するには電源は必ず必要とされています。福島で経験しているにもかかわらず、単独で電源確保が出来ていない。幸いサブ電源での冷却はできているようですが、原発の電源くらいは分散させておくことは専門家でなくてもわかると思うのですがね。

 

本州からの独自の電源確保など方法は色々とあるばすです。福島の経験がまったく生かされていないことになってしまいます。

 

今後の対策に期待をします。

 

 

Twitterやfacebookが役に立ったと一部でいわれているようですが、回線速度が遅くなった6日の午後ではまったく使えません。電源があってもネット回線が制限されては情報のとりようがありません。3大キャリアももう少し制限速度をあげてもらう必要があると思います。電話の使用制限は緊急用に確保したとしても、ネットの速度はあげてもらいたいと思います。

 

今回の災害で不便だったことはあまりありません。電気が使えなくなりましたが、キャンプ用のランタンやランプで過ごすことができました。水はおそらく100リッターは確保しています。

 

とこのブログを書いている最中にまた、地震が発生しました。まだまだ、気を抜くことは出来ません。

 

 

最後になりましたが,北海道胆振東部地震でお亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りするとともに,ご遺族の皆様にお悔やみ申し上げます。

 

決断する時に何を思うか

f:id:masatakamuto:20180815173347j:plain

 

あなたも決断していますよね。多分毎日、数十回もしかすると3桁ということもあるかもしれませんね。塩にしようか、醤油にするか、はたまた五目にしようかなど決断します。ラーメンの話をするわけではありませんよ。

 

 

 何も食べ物だけではなく、今日の洋服なども決断をしているわけです。決断というと大げさな言い方ですが、決めることです。仕事においても、決断する仕事は多くありはずです。

 

一般的に決断する時は、将来において長く続くであろうという事柄になるでしょう。たとえば、車や住宅を購入する場合などが多いでしょう。300万円から3000万円の借金となると相当な判断が必要になると思います。家になると20年〜35年の支払をするわけですから、一歩間違えば大きな負債を一生背負うようになります。

 

ここで考えなくてはいけないのは、リスクを理解しなければなりません。仕事もリスクをどれだけヘッジしておくかということです。WEBについてもまったく同じです。もし、見えなくなってしまったサイトは全く仕事をしてくれません。

 

なので、サイトのバックアップは必須です。と言っても毎回する必要はなく、月に一回程度で十分と考えています。サーバー会社によっては契約内容次第では、自動でパックアップしてくれるサービスも存在します。

 

しかし、これには若干の費用がかかります。自分でやるのかお金を払って自動化するのかを選ぶ決断をしなければなりません。私の経験でいうと大丈夫だろうと勝手に思い込むのです。そう、WEBの世界でも正常性バイアスです。自分は大丈夫!!

 

まぁ、びっくりする程多いです。テレビなどでいわれているハッキングなどあるわけないと思ってしまっているようですが、レンタルサーバー会社でも防衛策は対応しています。海外からのアクセスを遮断するそうに設定もできるサービスもあります。日本で営業活動をしているのが基本なので、そのようにすると良いとは思います。

 

自分がコントロールできない部分はやっぱりリスクが多いです。海外からの仕事はどうするかというと私は、facebookを利用するのがもっとも良い方法ではないかと思います。facebookであれば、自分のパスワードを複雑にしておけばよほどのことがない限り侵入されることはないのではと思います。乗っ取られたというのは、大抵はすべてを同じパスワードにしている場合に多いと思います。

 

 

多くのリスクを考えて、決断してほしいと思います。

 

 

冒頭のラーメンの話で、ラーメン食べたくなったので行ってきます!(笑)

成功事例より失敗事例が経営に役立つ。

f:id:masatakamuto:20180814201229j:plain


もっとも危険な経営は、リスクをみないで運営を続けることです。自分は違うと思い込みがもっともよくありません。そして、本当の友人からのアドバイスにしっかり向き合うことです。アドバイスを鵜呑みにして駄目です。自分に合うようにするにはどうするか? ということです。

 

成功事例は本当は参考になりません。何故かと言うと本人もそれが本当の理由かどうかわかっていないからです。運も実力のうちという言葉がありますが、再現性がゼロなので参考にはならないからです。本当に参考になるのは失敗事例です。

 

日本ではあまり聞きませんが、米国では何度失敗しても再起できる方法があります。失敗を経験することで成功の道へ歩むことができます。なので失敗事例をできるだけ多く知っていることは、成功事例をしっているより数倍価値があります。

 

成功事例は、後付で作ってしまう場合がありますし、経営者ではなくNo.2が素晴らしい場合もあるからです。失敗事例は、もし多くの事例を知ってれば「あれ、これってあれじゃない」と思うことができると舵が切れます。でも、それがわからなかったら今日はたまたまだと思うはずです。かくいう私もそうです。雨が降ると客足が鈍くなります。緊急でなければ、雨の降っている日にわざわざ行くより、明日にしょうと思うからです。お店側とお客側で事情が違うので当然なことです。

 

経営コンサルの中でもっともやらないでということがあります。それは、割引です。割引は自分の選んだ商品・サービスに価値がないと自らが言ってしまっているようなものです。消費期限や賞味期限がある場合は別ですが、それ以外は絶対に薦めません。ですが、唯一例外があります。

 

割引をちらつかせて如何にも割引したように見せる方法など、他にも色々な方法があります。

 

哲学者 アルフレッド・ノース・ホワイトヘッド氏は、「文明を発展させるためには、人間が考えずにできる行動を増やすこと」経営者は割引きすると商品・サービスが売れると思っている方が多いですが、割引には2つの役割があると言っています。一つは、財布に優しい。もう一つは、割引きというだけで脳が反応するということが理由と著書で書いています。

割引があると無意識の行動パターンであり、買う理由が明確にできるので購入に至る。

 

以前、ルールの単純化という記事を書きましたが、ルールは自分自身の決めごとになります。このルールを曲げてしまうのが、この割引という文字です。とても注意が必要です。

 

ビジネスにおいて割引という言葉は、経営者によってバラバラな考え方をします。たとえば、クーポンで総額から20%OFFという割引は、まず間違いなくやってはいけない割引です。自ら自分の首を締めているだけです。割引の無意識の行動パターンなので、割引という文字に敏感なのでうまく活用しなければなりません。

 

けっして、総額ではなく特定の商品やSNS映えするような商品を今日だけ割引70%OFFなど無意識パターンを活用して、その商品を注文してもらい、SNSで拡散させるような戦略が現在の戦略でもあります。たとえ原価提供になるような70%OFFでも広告費なしでお客様が拡散してくれます。

 

例えていうなら、柔道の技です。柔道は相手の力を利用して小柄だとしても大きな相手を投げることが可能です。