WEBマーケティング@武藤

インターネットマーケティングを中心にお話します。

成功事例より失敗事例が経営に役立つ。

f:id:masatakamuto:20180814201229j:plain


もっとも危険な経営は、リスクをみないで運営を続けることです。自分は違うと思い込みがもっともよくありません。そして、本当の友人からのアドバイスにしっかり向き合うことです。アドバイスを鵜呑みにして駄目です。自分に合うようにするにはどうするか? ということです。

 

成功事例は本当は参考になりません。何故かと言うと本人もそれが本当の理由かどうかわかっていないからです。運も実力のうちという言葉がありますが、再現性がゼロなので参考にはならないからです。本当に参考になるのは失敗事例です。

 

日本ではあまり聞きませんが、米国では何度失敗しても再起できる方法があります。失敗を経験することで成功の道へ歩むことができます。なので失敗事例をできるだけ多く知っていることは、成功事例をしっているより数倍価値があります。

 

成功事例は、後付で作ってしまう場合がありますし、経営者ではなくNo.2が素晴らしい場合もあるからです。失敗事例は、もし多くの事例を知ってれば「あれ、これってあれじゃない」と思うことができると舵が切れます。でも、それがわからなかったら今日はたまたまだと思うはずです。かくいう私もそうです。雨が降ると客足が鈍くなります。緊急でなければ、雨の降っている日にわざわざ行くより、明日にしょうと思うからです。お店側とお客側で事情が違うので当然なことです。

 

経営コンサルの中でもっともやらないでということがあります。それは、割引です。割引は自分の選んだ商品・サービスに価値がないと自らが言ってしまっているようなものです。消費期限や賞味期限がある場合は別ですが、それ以外は絶対に薦めません。ですが、唯一例外があります。

 

割引をちらつかせて如何にも割引したように見せる方法など、他にも色々な方法があります。

 

哲学者 アルフレッド・ノース・ホワイトヘッド氏は、「文明を発展させるためには、人間が考えずにできる行動を増やすこと」経営者は割引きすると商品・サービスが売れると思っている方が多いですが、割引には2つの役割があると言っています。一つは、財布に優しい。もう一つは、割引きというだけで脳が反応するということが理由と著書で書いています。

割引があると無意識の行動パターンであり、買う理由が明確にできるので購入に至る。

 

以前、ルールの単純化という記事を書きましたが、ルールは自分自身の決めごとになります。このルールを曲げてしまうのが、この割引という文字です。とても注意が必要です。

 

ビジネスにおいて割引という言葉は、経営者によってバラバラな考え方をします。たとえば、クーポンで総額から20%OFFという割引は、まず間違いなくやってはいけない割引です。自ら自分の首を締めているだけです。割引の無意識の行動パターンなので、割引という文字に敏感なのでうまく活用しなければなりません。

 

けっして、総額ではなく特定の商品やSNS映えするような商品を今日だけ割引70%OFFなど無意識パターンを活用して、その商品を注文してもらい、SNSで拡散させるような戦略が現在の戦略でもあります。たとえ原価提供になるような70%OFFでも広告費なしでお客様が拡散してくれます。

 

例えていうなら、柔道の技です。柔道は相手の力を利用して小柄だとしても大きな相手を投げることが可能です。

 

 

単純ルールを明確にすると良いことばかり・・

f:id:masatakamuto:20180813204742j:plain

 

ルールは単純にしなければ意味がありません。複雑にすると混乱するだけになりいざとなったら判断できない状況に陥ってしまいます。正常性バイアスがもっともわかりやすい例だと思います。

 

 

正常性バイアスは、自分にとって都合の悪い情報を無視したり、過小評価したりしてしまう人の特性のこと。心理学用語でよく使われていますが、ビジネスにおいても起こると思います。自分が商売をすると成功するなど、根拠もなく思い込んでしまうことがあります。消費者はとてもシビアですから、友達が買ってくれたからといって市場に投下しても売れることがないです。

 

 

私も色々とビジネスを経験してきました。私のルールはとても簡単で、投下する資金を決めてそれを下回った場合は、撤退すると決めています。たとえば、300万円初期投資に使うとして、毎月のコストが50万円だとすると6ヶ月で300万円なので、これを限界としています。

 

 

どういうことかというと、その300万円が無くなった時が撤退の時というルールです。6ヶ月売上が0でも6ヶ月は運営ができる準備をしてそれが無くなった時点です。ここには、自分の思いなどはまったくなしで数字が全てを判断できるます。誰でも判断できるようになりますよね。

 

 

世の中はいつも早い速度で動き続けていますので、良い時や悪い時が存在しますが、その時期によって判断が変われば、お来ずと判断する時期が遅くなります。高級車一台と思えば、損は損ですが勉強にはなります。

 

 

ビジネスだけではありません。アウトドアが好きですが、命を守るのは自分でルールを決めています。iPhoneやAppleWatchで防災速報や天気状況や地震、雷など時間とともに変化する情報をキャッチしています。雷は、一瞬で40キロを移動するとても危険なので、すぐに行動をしなければなりません。風の場合は5メートルが撤退するかいなかを判断する基準となり、7メートルは撤退です。

 

 

他には、ホテルに泊まった時は、もし火事や非常ベルが鳴った場合なども自分なりの行動があります。慌ててドアを開けない、火が近くまできているとドアノブが熱くなり火傷することがありますので、まずは外を見ることから始め、ドアを濡れタオルで触り、のぞき窓から廊下を見る、匂いを嗅ぐなどがあります。

 

 

フラッシュオーバー・バックドラフトなども注意しなければなりません。ビビリくらいの方が自分の命を守ることができます。避難についても同じで、たとえ避難したといっても1時間避難するだけです。

 

 

例を上げることは躊躇しましたが、書くことにします。

東北地方太平洋沖地震の時、約12000人に避難勧告が出たが実際に避難した人は33名ととても少ない人数に驚いた記憶があります。そして、さらに怖いのが実際と大幅に違う情報が流れることです。民主党政権時でしたが、避難や風の情報などが政府で隠蔽された情報しか流れなかったことです。人々の命より、メンツを重要した政権には2度と握らせてはいけません。

 

メディアも捏造で日本人を貶める報道をばかりをくり返し、 本当に知るべき情報を流しません。とても残念です。なので、メディア情報は半分くらいしか信じてはいけません。情報が多くあるので自分で情報を取得しに行って正しい判断をしなければなりません。多くの判断材料は天気図や災害情報を信じて行動してほしいです。

 

知識は自分を守ります。知っていることは自分の力にもなります。

 

 

NPO法人の副代表としての大きな役割

f:id:masatakamuto:20170906124452j:plain

今週は、NPO法人でのイベントでサマーキャンプがあります。年に1回の私がリーダーとして頑張るイベントです(笑)。

 

 

こども食堂に来る子供たちと親御さんも含めて、キャンプを予定しています。総勢20名をまとめていこうと思っています。リーダー的な役割は経験しているので心配はないですし、いつもは脂っこい経営者達をまとめているのでそう難しくはないと思っております(笑)。

 

 

ただ、時間が長く丸1日ですので気が抜けません。 万一の為の保険や病院のルート確認なども事前に済ませております。大人だけであればこのようなことはする必要がないのでしょうが、子供は何があってもおかしくないので事前の準備だけはできるだけ万全を期するようにしております。

 

 

私が持参するのは、オールスノーピーク製で最高のテントで一日を過ごしてほしいと思っております。たかがテントと思うかも知れませんが、スノピのテントは他のメーカーのテントが風で飛ばされていてもスノピはまったく平気だったということはよくある話です。

 

 

それだけ信頼性も高く、私自身も実感しております。とはいえたった一日なのでその実感は得ることが出来ないかも知れませんが、最高の物に囲まれることで得られる安心感を味わってほしいと思っております。

 

 

当日の予定は、私は一切手を貸すことなくテントやタープを貼ってもらうことにしています。キャンプが初めて、テントで寝ることも初めてという子供もいますので、自分で設置したテントで寝る楽しみをしかと味わってほしいと思います。

 

 

そうそう、忘れてはならないのが熊対策です。北海道各地で目撃されており民家の物置を荒らしたとかいう報道も日々あります。今回は、民家の敷地を借りて行うのですが人里離れた場所なので、いつ熊が現れてもおかしくありません。ゴミは必ず撤収して外には絶対に置かない、缶ジュースの空き缶すら駄目です。

 

 

音楽や火は就寝に障害ない程度で夜通し、鳴らし、火を着けておくことは必要と考えます。人が近くにいることがわかっている場合は、熊は近くまで来ない。人が居ないと思って侵入して来て、鉢合わせしてしまい被害に合うというのが主な原因です。

 

 

必ず行っておく掟ですね。爆竹も持参して到着後にはすぐに爆竹でここにいるから来ないでね。というシグナルを送っておきます。熊も決して人を襲いたくて人里にやって来ているわけではありませんので、知らせるシグナルを定期的に送ってあげることがとても大切なのです。