検索リテラシーは見せる側が対応しなければならない。

日本の場合は、Yahoo!とGoogleの2つが大半を占めています。詳しくいうと実情はGoogleの中身を利用しているのですが、検索する際にはYahoo!が最も多く使われています。ただ、これに一石を投じようとしているのがBnigで、シェアは数%と報じられています、変化している真っ只中の渦中にいる状態であると考えております。注意…