WEBマーケティング@武藤

インターネットマーケティングを中心にお話します。

ライバル動画を分析して、アクセスアップ!

f:id:masatakamuto:20180625012835p:plain

YouTubeの再生回数は、あくまで目安です。では、何が良い動画として評価されるのでしょう。面白い、役に立つ動画といろいろとあると思いますが、YouTubeはどうやって評価するのかは、数字で測るしかありません。

 

イケメンだから、美人だから、声が良いからとYouTubeが判断するわけはありません。では、何が判断基準だと思いますか?

 

おわかりの方も多いと思いますが、最後まで見られる動画が良いと思うはずです。途中で離脱する動画はユーザー(視聴者)の役に立つことができていないと判断できます。

 

なので、動画を最後まで見てもらえるような作り込みも必要です。じっくりと説明して納得してもらえるとユーザーは、次のような行動をとることが考えられます。チャンネル登録をしてくれるようになったりします。

 

YouTubeでの最初の目的の一つはチャンネル登録を増やすことがまず、第一段階とも言えます。というのは、チャンネル登録者はこのチャンネルを見たいという意思表示でもあるからです。このことは、動画をアップした時がもっとも再生率が上がるとされており、データからもわかることです。

 

ここまで話して来たことは、何もYouTubeに限ったことではありません。サイトやブログでも同じことが言えます。途中で離脱させない工夫や他のページを見てもらう工夫、YouTubeでの一つの目標はチャンネル登録ということでした。サイトやブログの場合も一つの目標を設定することで、更新のモチベーションアップにもつながるので目標設定をしてみてはどうでしょうか。

 

目標を立てて、それを達成できれば次の目標を作る。この繰り返しがWEBのマーケティングともなります。

 

今日のテーマですが、動画の分析についてです。YouTubeに動画をアップして公開をすると一つひとつの動画が分析できます。YouTubeアナリティクスは本当に優秀なのでぜひご覧いただきたいと思います。

 

しかし自分の動画を分析するだけでは、ある程度で頭打ちになってしまいます。そこでライバルサイトやトップYouTuberの動画を分析してみてはいかがてしょうか。動画タイトルは大切な部分ですが、次に重視するのがタグの設定です。

 

ライバルなどのタグをみることができます。

 

その方法は動画で説明しておりますので、ぜひ御覧ください。


YouTubeのタグ設定で効果が違う!

 

いかがでしか。もしよろしければYouTubeのチャンネル登録をお願いいたします。今後も良い情報や私の趣味についても動画が上がると思いますので、ビジネス一色ではありませんよ。