【武藤正隆】WEB・SNS・ガジェット情報

YouTube・WEB情報ついてお話します。

イカ釣りを本格始動! 今時期はマメイカ(ヒイカ)・ヤリイカを狙っています。

今回は、ガジェット情報ではありません。新しい釣りにチャレンジして行こうという話題です。

 

秋には、船に乗ってイカ釣りをしてからイカの魅力に取り憑かれました。船なんで誰でも釣れるイメージがあると思いますが、けっしてそんなことではないのです。ただ、陸からよりは釣れ出すと連続して釣れる確率は高くなります。

f:id:masatakamuto:20211125184749j:plain

 

自分で釣ったイカは、格別にうまいです。船で行く場合は、夜がメインで私の乗った船は夜12:00スタートで朝の4:00までの4時間となります。港から出港して15分くらいでポイントに到着し、数回ポイントを移動していくような釣りです。

 

この日は釣れない時間がないくらいに安定的につれました。新鮮なうちにさばいて、キモを使い塩辛をつくり。釣って楽しい、食べて美味しいのが大好きです。

 

田舎暮らしをスタートして、釣りの幅もふえました。マグロも規制がかかる前に1本釣ることができまして、釣りの最高峰のクロマグロも釣ることができ釣りの幅も大幅に増えました。

 

f:id:masatakamuto:20211125184805j:plain

 

釣りから帰ってくると数日はこんな感じの夕食です。エゾメバルなんかは、ちょっと食べたくなれば、すぐに釣れるので朝ちょっと竿を出して刺し身にして食べたりできるのも海の近くに住むことができているからです。

 

今回のイカ釣りはエギングとも言われており、魚釣りはしないけど、イカ釣りだけする人もいるくらいの人気の釣りのジャンルです。北海道の場合、イカは1年中違うイカが岸際にいます。陸から常に狙えるのです。ただ、冬のマメイカ釣りは人気ですが、アオリイカはまだまだ確認されてるイカが少ないので、これからの釣りになるのではと思っています。

 

いま、シーズン真っ只中のマメイカ・ヤリイカからスタートして行こうと思っています。その後は春から秋にかけてのアオリイカをメインにやっていくつもりです。

 

その間、サクラマス・クロマグロ・ヒラメ・鮭・ホッケは合間で釣って行くそんなイメージになっており、遠征は知床のカラフトマスは2年に1度の遠征を計画しています。その時期に釣れる魚種は要所要所に狙います。

 

来シーズンはイカを目一杯やりたいと考えています。なので、アオリイカの生態をしっかりと学び、YouTubeを見まくっております。ただ、実釣しなければ何事も経験にもなりません。

 

そこでプロの方と一緒に釣りをする予定があります。12月に和歌山まで行って実釣並びにレクチャーを受けて少しステップアップしょうと思っています。

 

 

ガッチリな記事になっていますのでもし、よろしければお読みいただければと思います。

syabero.com