【武藤正隆】WEB・SNS・ガジェット情報

YouTube・WEB情報ついてお話します。

iPhone XSで楽天回線か? それともパートナー回線かを調べる方法。

結論、下記の画像のように3なら楽天、18ならパートナー回線。4月30日からは自動で切り替えが行われるようだけど、知っておいて損はありません。4月30日から楽天モバイルがiPhoneに対応を正式に発表しました。ですが、楽天エリアにいるにも関わらずパートナー回線で繋がれていることが多かったので、調べてみると楽天エリアに入っているにも関わらずいっこうに変わらないという現象に遭遇しました。

 

 

そして、エリアを切り替える方法の一つとして、一旦機内モードにして再開通する方法が楽天のホームページに書かれていたのでためしたのですが、うまくいきませんでした。そもそも、いまどこの回線を掴んでいるのかを知ることがわかれば、話が早いのではと思ったのです。

 

 

私は、札幌と田舎での暮らしをしているので田舎ではパートナーエリアでの通信になっています。札幌市内はほぼ全域が楽天エリアになっていますが、市内に入っているにも関わらずパートナーエリアから変わることはありません。

 

 

最初にも言いましたが、楽天モバイルがiPhoneに対応するようになりますので、そうなると自動での切り替えが行われるばずですが、いまいち信用が・・・。

 

 

確認している点がもう一つあるのですけど、なんだかスッキリしない点があります。それは、楽天エリアでも最初の5GBを使ってしまうとパートナーエリアの消費もするという点です。なんだかスッキリしません(笑)。田舎も夏には楽天エリアになるようなので問題は解決しそうではありますが、確認はしておきたいと思います。

 

 

まだあります。私は楽天モバイル歴が2年となっています。楽天モバイルにした理由が料金が安いことは一番の理由ではありましたが、もう一つ決め手は、決められた通信量を超えると低速になり使い物にならないのが主流だった中、楽天モバイルは高速通信と低速通信というユーザーが切り替えをできる仕組みでした。

 

 

楽天モバイルの大きな特徴として、低速通信に陥った時でも1Mbpsが低速通信の速度でした。一般的には128kbpsなどまったく使えない状態がないというのが決め手でした。一部時間帯で低速になってしまう場合もありましたがその時間は割り切って使えるほど料金が安かったのです。実際に1Mbpsでは、YouTubeなどの視聴もまったく問題がなかったので高速通信にすること自体があまりなく、いつも低速で使用していました。低速であれば一切データ消費をしないのです。

 

 


5GB以上を消費する場合は下記の懸念があります。
パートナー回線エリアは、5GB超過後は最大1Mbpsとなってしまうのです。楽天エリアだけで使用していたとしても、5GB超過してしまうと同時にパートナーエリアも最大1Mbpsになってしまいます。

 

 

たとえば、私のようにデュアルライフをしている場合、札幌の楽天エリアの楽天回線を使用していたにも関わらず、5GB超過後は最大1Mbpsとなり、田舎でパートナーエリアは一切利用していなくとも5GBを超過になってしまう点がだいぶ痛いのです。

 

 

都会で楽天回線を使用していて高速通信を行っている状態であれば上限は基本ありません。使った分の支払いとなり回線を気にすることはまずありません。旅などで地方に行く場合はパートナーエリアとなるので5GB以上使用している場合は最大1Mbpsになってしまいますが、都会に戻れば高速通信が可能になるということです。

 

 

なので、パートナー回線を常時利用している人は、いまどの回線を掴んでいるかは重要になるのです。

 

 


今回の調べる方法と強制的に楽天エリアにつなぐような設定方法をお伝えしていこうと思います。まず、回線が楽天回線なのか? それともパートナー回線なのか? を調べる方法です。

 

 

f:id:masatakamuto:20210427124857j:plain

 

次に楽天エリアなのにパートナー回線を掴んでいる場合に強制的に楽天回線を掴みにいく方法です。

 

f:id:masatakamuto:20210427124922j:plain

 

4月30日にiOSのアップデートで自動で切り替わると言われていますが、正直どうなっていくかは、アップデート後になります。とは言っても楽天回線にいるのにパートナー回線を掴んでいることも考えられるので、繋がった状態で確認はした方が良さそうです。