【武藤正隆】WEB・SNS・ガジェット情報

YouTube・WEB情報ついてお話します。

Appleに狙われて終わるサービス! tile VS AirTag

ちょっと過激なタイトルですが、Appleに狙われると大抵は無くなってしまうサービスがあります。

 

探しものトラッカーです。

 

 

最新 Apple AirTag

最新 Apple AirTag

  • 発売日: 2021/04/30
  • メディア: エレクトロニクス
 

 

 

今回は

f:id:masatakamuto:20210429012532j:plain


の登場で、tileが窮地に陥ることになりそうです。AirTagは、あなたの持ち物をあっという間に見つけます。鍵に付ける。バッグに入れる。それだけで「探す」アプリがあなたの持ち物を探し出します。というコピー(宣伝文)のAppleの商品です。

 

 

tileもほぼ同じ用途でいま私自身使っており、大変重宝しているディバイスになっています。実はtileがここまでくるには大変な努力があったと思っています。使い方は簡単で、鍵にtileを付けておけば良いのです。私はキーケースと財布に忍ばしており、結構な頻度で使わせてもらっています。

 

 

スマホからtileアプリに行って財布や鍵をタップするとそのtileから音がなりどこにあるかを知らせてくれます。近くにあれば、音でどこにあるのかがわかるのです。近くでなっていればこの辺かなと当たりがつきます。家などでどこに行ったかわからない場合は、音が鳴るで家にあるか、家ではないかということがわかります。

 

 

万一、財布を落としてしまった場合はどうか? tileを使用しているユーザーが近くを通ると私のtileを検知して、私に場所を教えてくれるのです。自分でも行った道を遡れば、見つかる可能性は高くなります。

 

 

tileはアメリカからやってきました。日本でうまく稼働させるためには多くの人にタイルを使ってもらう人が必要で、自分のためでもあるし、他のユーザーのためでもあるのです。しかし、そう簡単に普及は難しかったのでしょう。tileは、JapanTaxiにアクセスポイントを搭載するようになりました。主要都市ではありますが、30,000台に設置されています。東急線全線88駅にも設置がされているようです。

 

 

ここまで苦労したのだと思いますが、AppleがAirTagを発表し発売することで一気にシェアを奪われる格好となります。tileが未だに苦労しているのは、アクセスポイントです。AppleのAirTagのアクセスポイントはiPhoneです。

 

 

iPhoneは世界でもっとも売れているのが日本です。調べる所によって算出方法が違うので正確ではありませんが、50%近辺と言っていいと思います。スマホを持っている人が50%なので、日本国内であればどこでもアクセスポイントがあるということです。

 

 

一気にシェアを取りに行くと思います。tileユーザーはその便利さを知っているので、Appleが出すのであれば即日購入するのではないでしょうか? 私も発売日の1時間遅れで購入しましたが、その時はもう売り切れでした。夕方にもう一度アクセスしてみると購入出来たので即購入しました。商品が届くのはGW明けとなってしまっています。tileは、Apple相手に訴訟を起こす動きがありますが、私から見て負けはほぼ決まってしまっているように思います。

 

 

ユーザー視点から言っても、捜し物が早く見つかる方が良いに決まっていますからね。

 

 

次は、みなさんも一度は使ったことがあるであろう、QRコードを読み取るアプリも複数のアプリが参入していました。ですが、今はiPhoneのカメラでQRコードを読み取る機能が追加されました。今どき、QRコードを読み取るアプリを使っている人はいないと思います。

 

 

他にも計測アプリや方角アプリなどiPhoneにアップがあれば、アプリなどは入れる必要がありません。アプリを開発する企業はアップデートのたびに戦々恐々だと思います。ビジネスを継続的におこなって行くには、競合などもしっかりと調べて行かなくてはならない時代になりました。

 

 

私は、AirTagの現物を見てどのように使っていくかを考えたいと思います。しばらくの間は併用するような使い方をして行こうと思っています。

 

 

tileはとても良い商品でしたからね。